豪華版ロータス、「ヨーロッパS LX」登場

2007.06.27 自動車ニュース

豪華版ロータス、「ヨーロッパS LX」登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、「ロータス・ヨーロッパS」の上級グレード「ヨーロッパS LX」を、2007年6月1日に発売した。

ロータスファミリーのなかでグランドツアラー的な「ヨーロッパS」に、贅沢仕様の「LX」が追加された。

ノーマル「S」からの変更点で目玉となるのは、インテリア。「S」で軽量な合成素材を用いるステアリングコラムカバー、ダッシュボード、インストゥルメントパネル、シルカバーなどに、サドルタンカラーまたはマグノリアカラーのレザーを使用。シートやテールゲートの内張りにも同色のレザーを与えた。
さらに、エンジンスタートボタンや、クルミ材とユリノキ材をあしらったシフトノブも備わる。

エクステリアは、フロントおよびサイドのエアインテークをボディ同色とし、ラジエータグリルやリアライトグリルなどは、シルバーで統一した。

なお、これらの装備による車重への影響はほとんどないという。

価格は、ノーマルより33万6000円高い、698万2500円。
今後は、この「LX」が、ヨーロッパシリーズの標準的な日本仕様となる予定だ。

(webCG 関)

「ロータス・ヨーロッパS LX」
「ロータス・ヨーロッパS LX」
豪華、総革張りのインテリア。
豪華、総革張りのインテリア。
カーペット敷きのトランクには、荷物を固定するストラップや、本革の小物入れが備わる。
カーペット敷きのトランクには、荷物を固定するストラップや、本革の小物入れが備わる。

関連キーワード:
ヨーロッパ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス ヨーロッパ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • 第184回:浦島太郎も悪くない 2020.7.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第184回は「浦島太郎も悪くない」。「ロータス・エキシージ」の公道向け上級モデル「スポーツ410」に試乗! 約20年ぶりの“失神マシン”、再び気絶覚悟で挑んだ先に見えた、ある風景とは?
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る