エタノール100%燃料で走れる「カローラ」発売

2007.05.24 自動車ニュース

エタノール100%燃料で走れる「カローラ」発売

トヨタ自動車は、バイオエタノール100%の燃料で走行できる「カローラFlex」「カローラフィールダーFlex」を、2007年5月25日にブラジルで発売する。

「カローラFlex」「カローラフィールダーFlex」は、現行型の1.8リッターガソリンエンジン車「カローラ」「カローラフィールダー」がベース。燃料系とエンジン本体の仕様を変更し、穀物を原料とするバイオエタノール100%の燃料で走行できるようにした。
なお、動力性能はベース車と同等以上とのことだ。

現在、世界各地で生産されている同社のガソリンエンジン車は、すべてバイオエタノール10%の燃料を使用できるが、100%バイオエタノール燃料車の販売は初。
この燃料が広く普及しているブラジルでの発表、発売となった。

(webCG 関)

「カローラフィールダーFlex」
「カローラフィールダーFlex」

関連キーワード:
カローラ アクシオ, カローラ フィールダー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ アクシオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
ホームへ戻る