マツダのクロスオーバー「CX-7」をスタイリッシュに【東京オートサロン07】

2007.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン07】マツダのクロスオーバー「CX-7」をスタイリッシュに

2007年1月12日から14日まで開催されるチューンドカーの祭典「東京オートサロン2007 with NAPAC」に、マツダは、クロスオーバースポーツこと「CX-7」のカスタマイズカーを中心に全17台を出展する。

2006年12月に日本で発売された「CX-7」がブースの主役となる。
各所にエアロパーツを配し、特徴的なクロームメッキのガーニッシュを備えた「ブライトスタイリッシュコンセプト」をはじめ、マツダスピードチューンのスポーティモデルや、人気の「KENSTYLE」「DAMD」のエアロパーツ装着車、さらにカロッツェリアのAVをふんだんに使った車両なども展示される。

また「RX-8」「アテンザ」「ロードスター」の3台をマツダスピードがチューンしたコンプリートモデル「M'z」仕様車もラインナップ。合計17台というボリュームのあるブースになる。

期間中会場では、伏木悦郎、河口まなぶ両氏らによるトークショーも催される予定。

(webCG 本諏訪)

「CX-7ブライトスタイリッシュコンセプト」
「CX-7ブライトスタイリッシュコンセプト」
「RX-8 マツダスピードM'zTune」
「RX-8 マツダスピードM'zTune」

関連キーワード:
RX-8, CX-7, マツダ, 東京オートサロン2007, イベント, 自動車ニュース