フィアット復活物語 第12章「大予言!フィアットはベネトン化する」(大矢アキオ)

2006.11.02 FIAT復活物語

第12章:「大予言!フィアットはベネトン化する」

■出たーッ!ストップ高

まずはフィアットの近況からお伝えしよう。ミラノ証券取引所では10月20日、フィアットの株価がついに14ユーロを超えて、ストップ高となった。
一部ではさらに数ユーロ値上がりするのではないか?との憶測も流れている。凡庸な表現ではあるが、今フィアット株はバブル、である。

別の機会に詳しく触れるが、ここ数年周辺ビジネスをひたすら捨てて自動車ビジネスに特化してきた効果が、ようやくあらわれたといえよう。

■捨てなかった国外工場

ただしフィアットはリストラに際し、工場閉鎖というかたちは採らなかった。国外拠点も、スペイン法人であるセアトを1986年に売却したのが事実上最後だ。

現在フィアットは、ブラジル、ポーランド、インド、フランス、トルコ、中国に100%もしくは他企業との合弁工場をもつほか、南アフリカとベトナムに組み立て工場がある。また、スズキのハンガリー工場からは、スズキSX4の兄弟車である4WD「セディチ」の供給を受けている。

ちなみに、トルコ、ポーランド、ブラジルの工場は、70年代にフィアットが推し進めたグローバル戦略の産物である。

■フィアット版ワールドカー

そうした海外拠点用に、フィアットには専用モデル=ワールドカーがある。96年に誕生した「シエナ/パリオ」だ。
Sienaとは、ボクが住むイタリア中部の街の名前だ。Palioとはシエナで行われる競馬の名前で、イタリアを代表する行事のひとつである。

このネーミング、シエナの一部市民は、「我が街の誇り高き伝統行事の名前を世俗のクルマなんぞに使いおって」とカンカンに怒ったそうだが、大フィアットはマジに相手にしなかった。

シエナ/パリオは、デザインはトリノのデザインハウスI.DE.Aイスティトゥートが手がけ、パリオ・ウィークエンド(ワゴン)はイタルデザイン・ジウジアーロがエンジニアリングに関与した。

ブラジル、インド、トルコ、中国、ベトナムで造られており、今年ブラジル工場ではパリオの世界生産200万台を祝った。もはや10年選手だが、それぞれの生産国や周辺国で絶大な人気を誇っている。

唯一の失点は、ヨーロッパではウケなかったことである。華やかさに欠けたスタイルが祟ったと思われる。事実イタリアでも、カタログから消えて久しい。

■非イタリア系が面白くなる兆し

先日ようやく、その挽回ができそうな非イタリア製フィアットの概要が明らかになった。

トルコ工場で生産される「リネア」である。株価がストップ高となったのと同じ20日のことだ。
いわばグランデプントのノッチバック版だが、セダン特有のオヤジ臭さがない。世界でもっともスタイリッシュなセダンのひとつではないか。欧州でも2007年中頃に販売開始される。
さらに、本欄でもたびたび紹介した新型チンクエチェントも、ポーランドで生産される予定である。

でも、フィアットは、やっぱりmade in Italyでなくてはウケないのでは? その心配はないだろう。
ヨーロッパの一般ユーザーは、スタイルが良く、品質が高く、値段が妥当ならば、もはや製造国にはこだわらない。

事実、現行フィアット・パンダはポーランド工場製だが、イタリアではグランデプントに次ぐ販売台数を誇り、復活フィアットの屋台骨を支える1台となっている。

■フィアットのベネトン化

リネアも新型チンクエチェントも、成功を収めるだろう。
それで思い出すのは、同じイタリアのベネトンである。ベネトンのアパレル製品は、早くからアジア諸国の拠点に生産を移し、コストダウンを図った。しかし、それを巧みにグローバルなイメージに転化し、いわば“売り”にしてしまった。

イタリア臭さが身上のアルファ・ロメオやランチアはイタリアで生産し続けるかわりに、フィアット・ブランドは徐々にベネトン化してゆく。これがボクの大予言である。

蛇足ながら、日本で路上を走るクルマを見ると、いまだ韓国車が少ないばかりか、たとえ日本ブランドでも海外生産車に乗っている人は少ない。
もっと日本人も国籍にこだわらなければ、クルマ選びの選択肢も広がって楽しいと思うのだが、いかがだろう?

(文=大矢アキオ-Akio Lorenzo OYA/写真=フィアット/2006年11月)

フィアット・パリオ。ちなみにシエナはこのノッチバック版。
フィアット・パリオ。ちなみにシエナはこのノッチバック版。 拡大
ブラジル工場で行われたパリオ生産200万台達成式典。
ブラジル工場で行われたパリオ生産200万台達成式典。 拡大
セディチ。戦前にフィアットが開発したスキーリゾート、セストリエレにて。
セディチ。戦前にフィアットが開発したスキーリゾート、セストリエレにて。 拡大
ブラジルでどっこい今も生産されているウーノ。
ブラジルでどっこい今も生産されているウーノ。 拡大
トルコ工場製リネア。
トルコ工場製リネア。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事