クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

番外編:大矢アキオ捨て身?の新著『Hotするイタリア−イタリアでは30万円で別荘が持てるって?』

2007.03.22 FIAT復活物語

番外編:大矢アキオ捨て身?の新著『Hotするイタリア−イタリアでは30万円で別荘が持てるって?』

『FIAT復活物語』の連載でおなじみのコラムニスト・大矢アキオ氏が、新著『Hotするイタリア−イタリアでは30万円で別荘が持てるって?』を、二玄社より刊行した。
トスカーナ在住10年の総決算ともいえる痛快なコラム集である。
その大矢氏に直撃してみた。

イタリア移住、甘い生活は程遠かった!

−−大矢さんはそもそも二玄社の編集部員でしたね。
会社を辞めてイタリアに行っちゃったのは、当時の職場環境や上司に何らかの不満があったから?
大矢 ワハハ、そうじゃありません。そもそも10年前イタリアに住んでみたいと思ったのは、ヨーロッパ取材がきっかけでした。そうした意味で二玄社に感謝しなくちゃあいけません。
そのときオーストリアから陸路でイタリアに入ったんですけど、イタリアに入った途端、太陽の光が格段に明るくなって、花が咲き乱れて、食べものがうまくなって……。

−−シビれちゃったわけですね。
大矢 そのうえ、もともとイタリアのモダーンな工業デザインやクルマに惹かれていたから、つい勢いに乗って辞表を出しちゃって、住み始めたわけです。

−−ところが暮らしてみると……。
大矢 見つけた家は、築600年の煉瓦造り。毎朝八百屋さんの3輪トラックのけたたましいエンジン音に起こされる生活が始まった。そうかと思うと、突然の退去勧告が舞い込んで……。

−−モダーンとかドルチェ・ヴィータ(甘い生活)なんていう言葉とは程遠かった。
大矢 でも次第に、そうしたなかにこそ、ボクが伝えるべき本当のイタリアやイタリア人の姿が隠されているんじゃないか?と思えてきたんです。
本書で採り上げたエピソードのなかには、日本の生活と比べたら「捨て身の戦い」ともいえるような、想像を絶するものもあります。だからイタリアに対して、いまだ「アモカンマン」な人には……。

−−な、なんですか、それ?
大矢 おっと失礼。「アモーレ、カンターレ、マンジャーレ(愛して、歌って、食べる)」です。そうした淡い夢を抱いている読者の方には、ちょいとキツいかもしれません(笑)。

イタリアの面白さを1冊に

−−ところで今回の本には、描き下ろしのイラストも挿入されていますね。
大矢 二玄社時代、ボクはCG CLUBのニュースレターに「行け行け彰ちゃん」という4コマ漫画を連載していました。
主人公は当時上司だった、あの小林彰太郎顧問です。そういうことばかりやっていたから、ボクのボーナス査定は高くなかった。ともかく編集者はそんなことを覚えていたのでしょう。ぜひあのノリをもう一度、ということになったんです。

−−文中では、あるときはマズいイタリアのパンに泣き、道路のロータリーにビビり、またあるときはイタリア版歯科医に怒ります。結構つらいですね。
大矢 それと同じくらい面白いことが隠れているから、イタリアに住んでるんでしょうね。それが何かは皆さんが本のなかに発見していただきたいと思います。
でもね、実はこの本を作るときも一大事に陥ってパニクったんです。

−−な、何が起きたんですか?
大矢 イタリアのプロバイダーと手続きの行き違いが、こじれにこじれて、4カ月もインターネットが使えなくなっちゃったんです。

−−4カ月も!
大矢 だから原稿や校正のやりとりは、毎朝毎晩近所のネットカフェまで飛んで行った。
まるで家の風呂が使えなくなって、銭湯に行くようなものです。だから、我が家ではネットカフェに行くのに、「銭湯行ってくる」という隠語ができました。
ようやく開通した頃は、本が出来上がってました。

−−イタリアはネット環境もスローですね。
大矢 まあ、普通の電話回線が故障したとき復旧するまで1週間かかったから、それなりの覚悟はしてました。

−−それで、今はネットも復旧したわけですね。
大矢 でも残念なのはネットが開通したおかげで、ボクが密かに「番台の若女将」と名づけていたネットショップの看板娘に会えなくなったことです。

−−どうりで担当編集者いわく、今回は異例に仕事がはやかったわけか……。

(まとめ=大矢アキオ-Akio Lorenzo OYA)

本書より
本書より 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フィアット の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。