第23章:「フェラーリに人事異動の嵐、シューマッハー引退後の初仕事は“お笑い”だ!」

2007.02.17 FIAT復活物語

第23章:「フェラーリに人事異動の嵐、シューマッハー引退後の初仕事は“お笑い”だ!」

やったぜ! ジャン・トッド

イタリアでフェラーリのジャン・トッドは人気者である。なにしろ視聴率No.1のバラエティ番組には、そっくりさんが登場するくらいだ。ちなみにそのコメディアン、昔は映画の人気者だったが、ここ数年パッとした仕事がなかった。トッド人気に救われたかたちだ。

ところで本物のジャン・トッドは2006年10月、フェラーリS.p.A.(株式会社)の代表取締役に就任した。

彼は1946年フランス・ピエールフォール・カンタール生まれ。日本でいえば昭和21年の団塊世代である。自動車人生のスタートは1966年に、ラリーのいちナビゲーターとしてだった。

その彼が異国の、それもシンボル的ブランドのシャチョーにまで上り詰めたのだから大出世である。

ライコネン&マッサも借り出され

ところで、ここのところフィアットは、傘下のフェラーリとの関係を強化している。

昨年、フィアット・グループの持ち株会社であるフィアットS.p.A.は、ここ数年銀行に渡っていたフェラーリ株を買い戻し、出資比率を85%にまで高めた。
フェラーリをフィアット・グループ全体のイメージリーダーとして活用しよう、というストラテジーが窺える出来事だった。

関係強化の一例として、1月、北部トレント県で行われたウィンタースポーツ系プレス向けイベントでは、フィアットがメインスポンサーを務めたが、それを盛り上げるために、2007年シーズンのF1フェラーリ・パイロット、キミ・ライコネンとフェリッペ・マッサも参加した。

スキー場である会場では、クローラーを履いたパンダ4×4スペシャルがスラロームを披露した。
ちなみにこのクローラー仕様は、現在のところ発売予定はアナウンスされていない。だが、その昔ホンダのNトラックにもクローラー仕様があったことを考えると、売り出せばそれなりの需要があるのではないか。

ジャン・トッド氏。2006年7月マラネッロにて撮影。(Akio L.OYA)
ジャン・トッド氏。2006年7月マラネッロにて撮影。(Akio L.OYA) 拡大
トレント県で行われたイベントには、F1軍団がこぞって参加。
トレント県で行われたイベントには、F1軍団がこぞって参加。 拡大
パンダ4×4を改造したクローラー仕様。
パンダ4×4を改造したクローラー仕様。 拡大
スラロームを実演。
スラロームを実演。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事