三菱の“オールラウンド4WD”「パジェロ」フルモデルチェンジ

2006.10.04 自動車ニュース

三菱の“オールラウンド4WD”「パジェロ」フルモデルチェンジ

三菱自動車は、オフロードもこなせる本格4WD「パジェロ」をフルモデルチェンジし、2006年10月4日に発売した。

■25年、250万台が世界へ

別物とはいえ、過酷なラリーレイド、パリダカで連勝しているように、「パジェロ」は今でも本格的なオフロード4WDというポジションにいる。

1982年にまずは商用バンとして初代がデビュー、1983年に乗用車登録可能となり、以降、1991年、1999年とフルモデルチェンジを繰り返してきたから、今回が4代目となる。これまでの生産台数は250万台。岐阜にある子会社、パジェロ製造から、世界170以上の国と地域へ旅立っていった。

三菱いわく、「オールラウンド4WD=多目的本格4WD」の新型は、基本的に、オンロードにも配慮し近代化を進めた先代の進化版。すなわち、モノコックボディ構造や四輪独立サスペンション、セレクティブ4WD「スーパーセレクト4WD II」、3.8&3リッターV6エンジンなど踏襲しつつ、各所に改良を加えた。

ボディを「ロング」「ショート」2種類用意する点も変わらない。価格は、ロングが262.5万円から436.8万円まで、ショートは241.5万円から348.6万円まで。月の目標販売台数は700台という。

■4つのモードを選択できる4WD

従来どおり“いかにもオフローダー”といったデザインの新型パジェロ。フロントグリルなどに先代との差異を確認できる。広くとったアプローチ/ディパーチャーアングル(ロングで36.6度/25度)や高めの地上高など、悪路走破への対応は一目瞭然だ。

ラダーフレームを捨てモノコック+ラダーとしたシャシーは踏襲されたが、軽量化のためのフードのアルミ化、耐久性・信頼性を高めるボディ接合部の剛性向上、メッキ鋼板の採用拡大など各所にリファインが施された。
また前後ダブルウィッシュボーンの四輪独立懸架も同じくキープされたが、スプリング、ショックアブソーバー、スタビライザー、ゴムブッシュの特性が改良されるなどした。

2種類のエンジンのうち、3.8リッターV6 SOHC「MIVEC」では、低速と中高速、2つのモードを持つ可変動弁機構と可変吸気機構を、低、中、高回転域の3ステージで最適制御。低から高までのフラットなトルクと高出力性能を実現したと謳う。
3リッターSOHC「ECI-MULTI」エンジンは、電子制御スロットルやステンレス板金製エキゾーストマニホルドの採用により、燃費、排出ガス性能の改善を図った。

トランスミッションは、3.8リッターに5段、3リッターに4段のオートマチックを与えた。

自慢のヨンク機構だが、引き続き、4つのモードの切換えが可能な「スーパーセレクト4WD-II(SS4-II)」を採用した。
低燃費走行向けの2WD(後輪駆動)走行モード「2H」、すべてのオンロードと幅広いオフロードに対応する「4H」、センターデフをロックし積雪路や砂地、ダート路など走行抵抗の大きな路面で駆動力を確実に路面に伝える「4HLc」、 ローギア+センターデフをロックし、岩場や泥濘地など大きな駆動力を必要な場合に使用する「4LLc」を選ぶことができる。

さらに、エンジン出力や各輪の制動力を制御、操安性と走破性をバランスさせるという「ASTC(Active Stability & Traction Control)」を改良。リアデフロック作動状態を検出する機能を新たに追加することで、リアデフロックとの同時装着を可能とし、オフロード走破性の幅を広げたという。

装備面では、ロングボディに従来からあった床下収納式のサードシートを継続採用。今回はヘッドレストも床下に収納可能となった。
さらにバックドア部分への収納追加や、高品質な迫力ある音場を実現するという「ロックフォードアコースティックデザイン・プレミアムサウンドシステム」、30GBのハードディスクナビ、後席天井に付くDVD内蔵9インチワイド液晶ディスプレイなどを用意した。

(webCG 有吉)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

三菱の“オールラウンド4WD”「パジェロ」フルモデルチェンジの画像

「パジェロ」の開発アドバイザーも務める、ダカールラリー優勝ドライバーの増岡浩。「新型パジェロは誰でもどんな道でもゆとりを持って走れるクルマだ」とコメントした。

「パジェロ」の開発アドバイザーも務める、ダカールラリー優勝ドライバーの増岡浩。「新型パジェロは誰でもどんな道でもゆとりを持って走れるクルマだ」とコメントした。



三菱の“オールラウンド4WD”「パジェロ」フルモデルチェンジの画像

「パジェロ・ショート」

「パジェロ・ショート」

MIVEC機構が備わった、3.8リッターV6エンジン。

MIVEC機構が備わった、3.8リッターV6エンジン。

リアのナンバプレート位置は、スペアタイヤカバーの上に移された。

リアのナンバプレート位置は、スペアタイヤカバーの上に移された。

ロングボディの3列目シートは床下に収納できる。

ロングボディの3列目シートは床下に収納できる。

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, -->, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • ホンダ・ヴェゼル モデューロX【試乗記】 2019.12.23 試乗記 「どんな道でも、誰もが楽しく運転できるコンプリートカー」を目指して開発される「モデューロX」シリーズ。コンパクトSUV「ホンダ・ヴェゼル」をベースとする最新型は、その理想を実現するクルマに仕上がっているか?
  • 第64回:「パジェロ」から始まった4WDの“民生化”
    都市を支配したオフローダーの変節
    2019.12.12 自動車ヒストリー 洋の東西を問わず、今日の自動車市場で大きな存在感を示しているSUV。このジャンルが成長を始めた際、その旗手となったのが「三菱パジェロ」だった。長年にわたりブームを主導しながら、ニーズの変化によって姿を消すこととなった時代の寵児の歴史を振り返る。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • 三菱が「エクリプス クロス」を一部改良 フロントドアにイルミネーションを追加 2019.12.25 自動車ニュース 三菱がクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を一部改良。フロントドアのインナードアハンドルとドアグリップ、ボトルホルダーにLEDのイルミネーションを採用したほか、特別仕様車ブラックエディションでは、インテリアをブラックで統一した。
ホームへ戻る