eKワゴンの“バッジ違い”「日産オッティ」一新

2006.10.03 自動車ニュース

eKワゴンの“バッジ違い”「日産オッティ」一新

日産自動車は、軽乗用車「オッティ」をフルモデルチェンジし、2006年10月3日に発売した。

日産のボトムレンジを担う「オッティ」が一新された。三菱自動車からOEM供給を受ける、「eKワゴン/eKスポーツ」バッジ違いの新型は、先月フルモデルチェンジされたベース車同様、後席左側に備わる電動スライドドアを最大の特徴とする(ただしスライドドア装着車は年末発売予定)。

先代と同じく、専用外装品でeKと差別化。バッジ以外、フロントグリルやリアテールランプがオリジナルとなる。

あとは基本的にeKに準ずる内容。ボディサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1550mm、ホイールベース=2340mm、エンジンはNA=50ps、6.3kgm、ターボ=64ps、9.5kgm、トランスミッションは5MT、3AT、4AT、駆動方式は2WDと4WDを用意する。

価格は、97万6500円から151万950円まで。着飾った「ライダー」仕様や福祉車両「ライフケアビークル」はオーテックジャパンからリリースされる。

(webCG 有吉)


日産自動車「オッティ」:
http://www2.nissan.co.jp/OTTI/
H92/0610/CONCEPT/main1.html

eKワゴンの“バッジ違い”「日産オッティ」一新の画像



eKワゴンの“バッジ違い”「日産オッティ」一新の画像



eKワゴンの“バッジ違い”「日産オッティ」一新の画像



eKワゴンの“バッジ違い”「日産オッティ」一新の画像



eKワゴンの“バッジ違い”「日産オッティ」一新の画像

関連キーワード:
オッティ, 日産, 自動車ニュース

日産 オッティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 日産初の軽はこうして生まれた!
    「デイズ」開発の裏事情を関係者に聞く
    2019.4.19 デイリーコラム 日産と三菱の協業とはいうものの、事実上「初めて日産が開発した軽」として生まれた新型「デイズ」。そこに至る背景や、初の取り組みにおける苦労など、新型軽にまつわる“ここだけの話”をキーマンに聞いた。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
ホームへ戻る