07年モデル「ポルシェ・ボクスター」シリーズがパワーアップ

2006.06.20 自動車ニュース

07年モデル「ポルシェ・ボクスター」シリーズがパワーアップ

独ポルシェAGは、「ボクスター」と「ボクスターS」のエンジンが、2006年8月1日に切り替わる2007モデルからパワーアップすることを、2006年6月19日に発表した。

ボクスターの2.7リッター水平対向6気筒は、これまでに較べて最高出力が5psアップの245psを発生。最大トルクは0.3kgm太い27.8kgm/4600rpmとなる。パワーアップする一方、燃費を向上させたことが自慢だ。
ボクスターSは、エンジンの排気量を3.2リッターから3.4リッターに拡大、つまり「ケイマンS」と同じ排気量になった。アウトプットもケイマンSと変わらず、295psと34.7kgmを発生する。ボクスターとボクスターS、いずれも当然、動力性能と最高速度は高められた。

さらに、オプションの「ティプトロニックS」と、スポーツ性能を向上させる「スポーツクロノパッケージ」に新機能が追加された。
ティプトロニックSは、油圧、電子制御と可変シフトプログラムが見直された。スポーツクロノパッケージと組み合わせた場合、スポーティなドライビングに最適なシフトが行われるという。たとえば、シフトアップ&ダウンは3000rpm以下では行われず、マニュアルモードではレブリミットに達してもシフトアップされない。
ほかに、動力性能の向上に合わせ、新型「911ターボ」専用に開発された19インチホイールが、オプションで用意される。

(webCGオオサワ)

ポルシェ・ジャパン:http://www.porsche.co.jp/

07年モデル「ポルシェ・ボクスター」シリーズがパワーアップの画像

関連キーワード:
ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ ボクスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る