黒が決め手の特別な911カレラ/ボクスター発売

2015.06.24 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラ ブラックエディション」
「ポルシェ911カレラ ブラックエディション」
    拡大

黒が決め手の特別な「911カレラ/ボクスター」発売

ポルシェ ジャパンは2015年6月24日、「ポルシェ911カレラ」「ポルシェ・ボクスター」の特別仕様車「ブラックエディション」を発表した。同年6月25日から受注を開始する。

 

911カレラとボクスターのブラックエディションは、ブラックで統一された内外装が特徴の特別仕様車。前者911カレラは350psの3.4リッターモデルが、後者のボクスターは265psを発生する2.7リッターモデルがベースとなっており、共通の装備として、スポーツデザインステアリングホイール、自動防眩(ぼうげん)ミラー、レインセンサー、クルーズコントロールが与えられる。

このうち「911カレラ ブラックエディション」には、クーペボディーとカブリオレの2タイプが用意され、それぞれ後輪駆動モデルと4WDモデルがラインナップ。
20インチの911ターボホイールや、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS+)を内蔵したLEDヘッドライト、リアビューカメラを含む前後のパークアシストシステム、運転席と助手席のヒーター付きスポーツシート、Boseサウンドシステムなどが標準で備わっている。

「ボクスター ブラックエディション」は、20インチのカレラ クラシックホイールとPDLSを内蔵したバイキセノンヘッドライト、2ゾーンオートマチッククライメートコントロール、ヒーター付きシート(運転席および助手席)、サウンドパッケージ・プラスを装備する。

価格は、以下の通り。

・ボクスター ブラックエディション(6MT):731万円
・ボクスター ブラックエディション(7AT):788万円
・911カレラ ブラックエディション(7MT):1239万円
・911カレラ ブラックエディション(7AT):1316万円
・911カレラ カブリオレ ブラックエディション(7AT):1471万円
・911カレラ4 ブラックエディション(7MT):1353万円
・911カレラ4 ブラックエディション(7AT):1430万円
・911カレラ4 カブリオレ ブラックエディション(7AT):1553万円

(webCG)

関連キーワード:
911, 911カブリオレ, ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る