黒が決め手の特別な911カレラ/ボクスター発売

2015.06.24 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラ ブラックエディション」
「ポルシェ911カレラ ブラックエディション」
    拡大

黒が決め手の特別な「911カレラ/ボクスター」発売

ポルシェ ジャパンは2015年6月24日、「ポルシェ911カレラ」「ポルシェ・ボクスター」の特別仕様車「ブラックエディション」を発表した。同年6月25日から受注を開始する。

 

911カレラとボクスターのブラックエディションは、ブラックで統一された内外装が特徴の特別仕様車。前者911カレラは350psの3.4リッターモデルが、後者のボクスターは265psを発生する2.7リッターモデルがベースとなっており、共通の装備として、スポーツデザインステアリングホイール、自動防眩(ぼうげん)ミラー、レインセンサー、クルーズコントロールが与えられる。

このうち「911カレラ ブラックエディション」には、クーペボディーとカブリオレの2タイプが用意され、それぞれ後輪駆動モデルと4WDモデルがラインナップ。
20インチの911ターボホイールや、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS+)を内蔵したLEDヘッドライト、リアビューカメラを含む前後のパークアシストシステム、運転席と助手席のヒーター付きスポーツシート、Boseサウンドシステムなどが標準で備わっている。

「ボクスター ブラックエディション」は、20インチのカレラ クラシックホイールとPDLSを内蔵したバイキセノンヘッドライト、2ゾーンオートマチッククライメートコントロール、ヒーター付きシート(運転席および助手席)、サウンドパッケージ・プラスを装備する。

価格は、以下の通り。

・ボクスター ブラックエディション(6MT):731万円
・ボクスター ブラックエディション(7AT):788万円
・911カレラ ブラックエディション(7MT):1239万円
・911カレラ ブラックエディション(7AT):1316万円
・911カレラ カブリオレ ブラックエディション(7AT):1471万円
・911カレラ4 ブラックエディション(7MT):1353万円
・911カレラ4 ブラックエディション(7AT):1430万円
・911カレラ4 カブリオレ ブラックエディション(7AT):1553万円

(webCG)

関連キーワード:
911, 911カブリオレ, ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • フェラーリの新型V6プラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」日本上陸 2021.10.14 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年10月14日、東京・渋谷において新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」の日本導入を発表し、実車を国内で初披露した。最高速度330km/h以上、0-100km/h加速2.9秒というパフォーマンスを誇る。
ホームへ戻る