「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワク

2006.06.20 自動車ニュース

「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワク

現在発売中の『Motor Trend』ほか、アメリカの大手自動車雑誌が「カマロ復活!」を大々的に取り上げている。
2006年から来年にかけて、クーペモデルとコンバーチブルモデルが続々登場するというのだ。

その量産モデルは、2006年1月のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)で公開されたコンセプトカー(写真)にかなり近い外観になりそうだ。

ガソリン小売価格が高騰し、フルサイズSUVやフルサイズトラックの販売不振が続く北米市場。だが、趣味性の強いスポーツカー市場は堅調に推移している。その中核には、クルマ好きの中年オヤジたちがいる。

彼らを虜にしたのが、「60年代後半のマッスルカー」イメージにモデルチェンジした「フォード・マスタング」。ビルの谷間で激しくバーンアウトするTVCMが印象的だ。

その対抗馬として、GM「シボレー・カマロ」が再登板するのは当然と言えば当然だろう。

また先頃、「フォード・マスタング・シェルビーGT500」の量産も始まった。それにともない、新生カマロにもSSモデルには400馬力オーバーのV8ユニット搭載が期待されている。
アメリカンスポーツカー界で、再びマッスルカーバトルが勃発しそうだ。

(文=桃田健史(IPN)/写真=GM)

 
「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワクの画像


 
「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワクの画像


 
「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワクの画像

関連キーワード:
カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, -->, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • 「シボレー・カマロ」にネオンカラーの限定モデルが登場 2019.5.16 自動車ニュース GMのスポーツクーペ「シボレー・カマロ」に特別仕様車「SHOCK EDITION(ショックエディション)」が登場。ボディーカラーに採用された鮮烈な蛍光色「ショック」が特徴で、直4モデルが20台、V8モデルが15台の限定販売となる。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
ホームへ戻る