ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」に

2006.01.17 自動車ニュース

ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」に

ジャガー&ランドローバージャパンは、高級大型セダン「XJ」およびミディアムクラスの「Sタイプ」に、廉価版となる「3.0 Executive」を追加設定、2006年1月14日に発売した。

従来の「XJ6 3.0」に替わる3リッターV6モデル「XJ 3.0 Executive」。ハロゲンヘッドランプ(キセノンはオプション)、電動チルト・テレスコピックステアリングコラム(チルトアウェイ機能省く)、前席12ウェイ電動シート(他グレードは16ウェイ)、前席シートヒーター(他グレードは後席含む)と、装備を若干グレードダウンしつつ価格も下げた。
価格は、769.0万円。ひとつ上のグレード「XJ8 3.5」(3.6リッター)の126.0万円安となる。

いっぽう「Sタイプ3.0 Executive」は、これまでの「2.5 V6」(2.5リッター)の位置を受け継ぐグレード。ハロゲンヘッドランプ(キセノンはオプション)を採用、ヘッドランプウォッシャー(オプション化)や雨滴感知式オートワイパー、電動リアサンブラインドを省くなどし、プライスダウンを図った3リッターモデルである。
595.0万円、3リッター上級「3.0 V6 SE」より95.0万円安いプライスタグを付ける。2.5 V6比で15.0万円高と、買い得感ある価格設定とした。

(webCG 有吉)


ジャガー:
http://www.jaguar.co.jp/jp/ja/home.htm

ジャガー拡販役を担うエントリーモデル、「XJ」「Sタイプ」にの画像

「Sタイプ3.0 Executive」

「Sタイプ3.0 Executive」

関連キーワード:
XJ, Sタイプ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る