【東京モーターショー2005プレビュー】ランボルギーニ/「ガヤルド」のオープンモデルがデビュー

2005.10.17 自動車ニュース

【東京モーターショー2005プレビュー】ランボルギーニ/「ガヤルド」のオープンモデルがデビュー

ランボルギーニでは、「ムルシエラゴ・クーペ」と「ガヤルド・スパイダー」を出展する。

2年前にデビューした「ベイビー・ランボ」ことガヤルドのオープンモデルは、フランクフルトモーターショーでデビューを果たした。ファブリックの電動ソフトトップを持ち、電子制御システムでリアウィンドウと統合してコントロールする。折り畳まれたトップは、カーボンファイバー性のフード下に収納することができる。

4961cc のV10 エンジン(520PS/8000rpm )を搭載し、クーペバージョンよりもローギアード化された6段ギアボックスにより、0〜100km/h を4.3 秒で加速し、最高速度は314km/hに達する。

(文=NAVI鈴木真人)

 
【東京モーターショー2005プレビュー】ランボルギーニ/「ガヤルド」のオープンモデルがデビューの画像

【写真上】ムルシエラゴ・クーペ
【写真下】ガヤルド・スパイダー
 

	【写真上】ムルシエラゴ・クーペ
	【写真下】ガヤルド・スパイダー
	 

関連キーワード:
ムルシエラゴ, ガヤルド, ランボルギーニ, 東京モーターショー2005, イベント, 自動車ニュース

ランボルギーニ ムルシエラゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 スパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2012.7.11 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 スパイダー(MR/6AT)
    ……2566万8615円

    マシンコントロールの楽しさをウリにする、後輪駆動のランボルギーニ「ガヤルドLP550-2」。
    そのオープンバージョンは、どんな走りを見せるのか? ワインディングロードで試した。
  • ポルシェ ジャパンが新型「911」を日本で初披露 2019.5.28 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2019年5月28日、東京・渋谷の「TRUNK BY SHOTO GALLERY」において新型「ポルシェ911」の日本初披露イベントを開催し、同年7月5日に発売すると発表した。911は1963年に登場した初代から数えて8代目となり、まずは「カレラS」シリーズ4モデルから導入される。
  • 【トミカショップオリジナル】ランボルギーニ・ムルシエラゴ 2017.9.13 トミカ大写真展 V12エンジンをミドシップ搭載したランボルギーニのフラッグシップモデルとして、2001年に登場した「ムルシエラゴ」。アウディの傘下となったランボルギーニが最初にリリースしたニューモデルであり、最高速は330km/h以上という高い動力性能を誇った。
ホームへ戻る