悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表

2005.07.04 自動車ニュース

悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表

2005年6月30日、V型8気筒を搭載するもっとも身近なアストンマーティン「V8 ヴァンテージ」が日本で発表された。価格は1455万4000円。

2005年のジュネーブショーで発表された、アストンマーティンのV8モデルが日本にお目見えした。2シータークーペ、6段MT仕様のみで、価格も約1500万円と当然お高いが、「ポルシェ911ターボ」や「メルセデス・ベンツ」のAMGシリーズ、「BMW M5」、「アウディRS4」「ランボルギーニ・ガヤルド」に“手が出る”ユーザーには、魅力的な選択肢が登場したといえよう。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4382×1866×1255mm、ホイールベースは2600mmと、兄貴分「DB9」よりコンパクト。パワーユニットの4.3リッターV8は、385ps/7300rpmと41.8kgm/5000rpmを発生し、1570kgの車両を0-100km/hまで5秒フラット、最高速度は280km/hに達する。パフォーマンスのみならず、「市街地でもサーキットと同様の感動を提供する」、プレミアム性に溢れた演出(?)を備えるという。

(webCGオオサワ)

アトランティックカーズ:
http://www.astonmartin.co.jp/

アストンマーティン赤坂:
http://www.astonmartin-akasaka.com/

悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表の画像



悩ましい選択肢登場!? アストンマーティンのV8モデル発表の画像

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティンDB11 AMR 2018.5.15 画像・写真 英アストンマーティンは、ハイチューンを施した5.2リッターV12ターボエンジンを搭載する、新たな高性能モデル「アストンマーティンDB11 AMR」を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場 2020.5.19 自動車ニュース 独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2020年5月19日、高性能な3列シートSUV「BMWアルピナXB7」の日本導入を発表。同日、予約受け付けを開始した。
ホームへ戻る