ホンダが新しい「NSXコンセプト」を公開【デトロイトショー2013】

2013.01.16 自動車ニュース

【デトロイトショー2013】 ホンダが新しい「NSXコンセプト」と新型「MDXプロトタイプ」を公開

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2013年1月15日(現地時間)北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー、会期:2013年1月14日〜27日)において、次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」の進化版と新型SUV「MDXプロトタイプ」を発表した。

■「NSXコンセプト」のインテリアを公開

「NSXコンセプト」は、ミドシップレイアウトの次世代スーパースポーツ。V6エンジンと、モーターを内蔵したデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、前輪を左右独立した二つのモーターで駆動する電動式の四輪駆動システム「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)SH-AWD」を搭載する。

エクステリアのコンセプトは「クリーン・モダン・シンプル」。これまで公開されていたコンセプトモデルより、さらになめらかなスタイリングとなった。
また、このほど初公開されたインテリアは、「ヒューマン・サポート・コックピット」がコンセプト。広い視認性と直感的なインターフェースのコックピットにより、ドライバーが運転に集中できる空間を目指したという。

■新型「MDX」は2013年半ばに米国で発売

「MDXプロトタイプ」は新型の3.5リッターV6エンジンを搭載するラグジュアリーSUV。アキュラブランドの新たなデザインモチーフとなる「ジュエルアイ」と呼ばれるLEDヘッドライトを取り入れたフロントデザインを採用する。
新型エンジンの搭載により、高トルクと低燃費を両立。前/後サスペンションの一新とシャシーの軽量化も図られた。
なお、新型「MDX」は米国アラバマ州で生産され、米国での発売は2013年半ばを予定している。

■新型「RLX」は3月15日に米国で発売

また、2012年12月にロサンゼルスオートショーで公開したアキュラの最上級車種、新型「RLX」のプレシジョン・オール・ホイール・ステアモデルを、2013年3月15日に米国で発売することも発表した。価格は4万8450ドル(税抜き)。

(工藤考浩)

(左から)「アキュラMDXプロトタイプ」「アキュラRLX」「アキュラNSXコンセプト」
(左から)「アキュラMDXプロトタイプ」「アキュラRLX」「アキュラNSXコンセプト」 拡大
「NSXコンセプト」
「NSXコンセプト」 拡大
「NSXコンセプト」
「NSXコンセプト」 拡大
「NSXコンセプト」
「NSXコンセプト」 拡大
「NSXコンセプト」
「NSXコンセプト」 拡大
「MDXプロトタイプ」
「MDXプロトタイプ」 拡大
「MDXプロトタイプ」
「MDXプロトタイプ」 拡大

関連キーワード:
MDX, NSX, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る