クーペと同等の性能――ニュー「ポルシェ911カブリオレ」発表

2004.12.20 自動車ニュース

クーペと同等の性能――ニュー「ポルシェ911カブリオレ」発表

独ポルシェAGは、997型と呼ばれる新しい「911」のオープンモデルを発表した。クーペと同様、「911カレラカブリオレ」と「911カレラSカブリオレ」の2グレードを設定。2005年4月頃から欧州の一部地域を走り始める。日本への導入や価格は未定。

ニュー911にカブリオレが追加される。車両スペックやグレード構成はクーペと同じで、3.6リッターエンジン(325ps)搭載の「カレラカブリオレ」と、3.8リッター(355ps)を積む「カレラSカブリオレ」の2種類だ。

ソフトトップのオープン機構は、ボタン操作だけのフルオート。開閉に要する時間は20秒で、50km/hまでなら走行中でも開け閉めできる。

軽量設計コンセプトに基づいてつくられたボディはクーペより85kg重く、カレラが1480kg、カレラSは1505kg。0-100km/h加速はクーペに及ばないが、リアスポイラーの張り出しをクーペより20mm大きくして高速走行時の安定性を高め、最高速度はクーペと同じ285km/h&293km/hに達するという。

装備品は充実。ウインドディフレクターやオーディオ(ポルシェ・サウンドパッケージプラス=9スピーカー+CDラジオ)、「ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)」やアクティブダンパー「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」などを用意。

オープンならではの装備として、側頭部保護用エアバッグなどを含む「ポルシェ・サイドインパクト・プロテクションシステム」(POSIP)、転倒時に作動するロールバーなどが標準で備わる。

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

 
クーペと同等の性能――ニュー「ポルシェ911カブリオレ」発表の画像


 
クーペと同等の性能――ニュー「ポルシェ911カブリオレ」発表の画像

関連キーワード:
911カブリオレ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
  • アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】 2020.7.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。
  • 名車再生!クラシックカー・ディーラーズ 「911カレラS 2.7タルガ」前編 2020.7.29 MOVIE 「これは極上の掘り出し物だ!」とバイヤーのマイクも笑顔になった「911カレラS 2.7タルガ」。いざパワートレインを車体から外して、チェックしてみたら……? Dplayがお届けする人気の自動車番組、ノーカットで公開中!
ホームへ戻る