ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売

2004.11.12 自動車ニュース

ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売

フィアットオートジャパンは、3席×2列=6人乗りのシートレイアウトを持つMPV「フィアット・ムルティプラ」のニューモデルを、2004年11月20日に発売する。

約4mの短い全長に、およそ1.9mもの幅広ボディ、3席×2列のシートレイアウトなどを盛り込んだユニークな多目的車「フィアット・ムルティプラ」。初代はギョロ目の異形ランプを特徴としていたが、2004年のジュネーブショーで発表された新型は、ごく一般的な顔つきに変身して登場した。

外観は、ヘッドランプとフロントグリルを水平基調のデザインとし、丸形のフィアットエンブレムが中央に配される。ノーズからフロントスクリーンへ延びるボンネットにより、フォルムも尋常だ。ボディ同色バンパーを採用するなど、随所がモダナイズされた。

1.6リッターに5段MTを組み合わせるパワートレインや、運転席以外は取り外し可能なシート機構などは従来どおり。電動調節&格納式ドアミラー、全6個のエアバッグなどを標準で備える。

グレードは、ベーシックな「ELX」と、アロイホイールやデュアルサンルーフ、10連奏CDチェンジャーなどを備えた「ELX-Plus」の2種類。価格は、262万3950円と、284万4450円となる。

(webCGオオサワ)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

 
ブサイクがフツー顔に――新「フィアット・ムルティプラ」発売の画像

デザイン変更により、全長が90mm延長。車重は30kg増えたが、あとは従来と変わらない。
“イタリアンの象徴”のように受け入れられたファニーフェイスが失われるのは残念だが、イタリア在住のコラムニスト、大矢アキオ氏によると、「反発もなく受け止めている様子。イタリア人はけっこう保守的だから」とか。
 

	デザイン変更により、全長が90mm延長。車重は30kg増えたが、あとは従来と変わらない。
	“イタリアンの象徴”のように受け入れられたファニーフェイスが失われるのは残念だが、イタリア在住のコラムニスト、大矢アキオ氏によると、「反発もなく受け止めている様子。イタリア人はけっこう保守的だから」とか。
	 

関連キーワード:
ムルティプラ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット ムルティプラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第75回:安物買いの銭失い 2018.1.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第75回は「安物買いの銭失い」。「MJ戦略参謀本部」放談、第3弾。人は、激安イタ車に愛をささげ続けると、どうなるのか!? 攻めのビンボーカーマニアが、匍匐(ほふく)前進で挑んだ、愛車との日々を語る。   
  • フィアット・ムルティプラELX(5MT)【ブリーフテスト】 2003.12.11 試乗記 ……249.0万円
    総合評価……★★★★★

    一般的には“奇怪なスタイリング”と思われる、フィアット「ムルティプラ」。しかし、その造形には、合理の精神が隠されている。テストドライブした笹目二朗、性能も含めて大感激!!


  • 第205回:よみがえる「プログレ」発狂事件 2021.4.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に試乗し、VIP気分を満喫した。しかし、最新のデジタルインターフェイスは先進的すぎてどうにも使い勝手がイマイチ……と、思ったその時、20年前のある出来事が脳裏をよぎったのだった。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
ホームへ戻る