第75回:安物買いの銭失い

2018.01.30 カーマニア人間国宝への道

破滅系イタ車マニア、安ド参上

前回までは、輸入中古車愛好家の伊達軍曹が新車の「スバルXV」を買ったという“事件”を、どうでもいい感じで掘り下げたが、結論はなぜか「マツダは頑張ってる!」というものになった。

何を隠そうMJ戦略参謀本部には、ごく最近マツダ車を買った隊員がいる。安ド二等兵である。

MJ参謀長(以下 M):安ドのニューマシンについて説明せよ。

安ド二等兵(以下 安):はい。殿もよくご存じのように、先代「デミオ」の「1.5スポルト」5MT車です。もちろん中古です。

M:実はよく知っておる。先代デミオは傑作だな。

安:殿は登場当初から、“まるで「ロータス・エリーゼ」のようなハンドリング”と絶賛してましたよね。

M:実はエリーゼのようなハンドリングは、ノーズの軽い1.3のMTに限るのだが、それはともかく、これまで安ドはイタリア車マニアだったわけだな。

安:はい。参謀本部入りした7年前は、「アルファ スパイダー」の「2.0ツインスパーク」(MT)に乗っておりました。その前は「クーペ フィアット」にも乗ってました。

M:この世で一番故障しそうな、20世紀製のイタ車軍団であるな。

安:いえ、クーペ フィアットは走行中にラジエーターホースが裂けてドバッと漏れたのが1回だけです! アルファ スパイダーも、幌(ほろ)以外故障したことはありません!

M:幌は一番やっかいな故障ではないか?

MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」の面々。上段左から伊達軍曹、MJ参謀長。下段左からマリオ二等兵、安ド二等兵。
MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」の面々。上段左から伊達軍曹、MJ参謀長。下段左からマリオ二等兵、安ド二等兵。拡大
安ド二等兵の現在の愛車、先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)。
安ド二等兵の現在の愛車、先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)。拡大
安ド二等兵の先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)のインテリア。後席には息子用のチャイルドシートも備え付けられている。
安ド二等兵の先代「マツダ・デミオ スポルト」(5MT車)のインテリア。後席には息子用のチャイルドシートも備え付けられている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【海外試乗記】 2019.7.25 試乗記 ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さ。その“いいとこ取り”をうたうマツダの「スカイアクティブX」ユニットは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 新エンジン搭載の「マツダ3」にドイツで試乗した。
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
ホームへ戻る