フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加

2003.12.01 自動車ニュース

フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加

フィアットオートジャパンは、2列6人乗りのマルチパーパスビークル「ムルティプラ」に、オプションパッケージを装着した「ELX-Plus」を追加設定、2003年12月6日に発売する。

2003年4月より日本導入が始まった「ムルティプラ」は、1.6リッターエンジン+5段MT(右ハンドル)の「ELX」モノグレードだった。今回追加されたのは、「ELX」をベースに「オプションパッケージPlus」を装着したグレード。30.0万円相当の装備が、18.0万円で購入できる“お買い得モデル”だ。

「オプションパッケージ Plus」の内容は以下の通り。
・電動デュアルサンルーフ
・10連奏CDチェンジャー
・オリジナルアロイホイール+195/60R15タイヤ
・オーディオコントローラー付きレザーステアリングホイール&シフトノブ

オプションパッケージ装着車の価格は、267.0万円となる。

(webCG 本諏訪)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

 
フィアット「ムルティプラ」に、お買い得オプションパッケージ追加の画像

関連キーワード:
ムルティプラ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット ムルティプラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・ムルティプラELX(5MT)【ブリーフテスト】 2003.12.11 試乗記 ……249.0万円
    総合評価……★★★★★

    一般的には“奇怪なスタイリング”と思われる、フィアット「ムルティプラ」。しかし、その造形には、合理の精神が隠されている。テストドライブした笹目二朗、性能も含めて大感激!!


  • 第205回:よみがえる「プログレ」発狂事件 2021.4.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に試乗し、VIP気分を満喫した。しかし、最新のデジタルインターフェイスは先進的すぎてどうにも使い勝手がイマイチ……と、思ったその時、20年前のある出来事が脳裏をよぎったのだった。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • 第181回:マリオインプは三度死ぬ 2020.6.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第181回は「マリオインプは三度死ぬ」。初代「インプレッサWRX」に魅せられた、あるスバリストの半生をたどる。走行距離20万8000km! 不動状態から幾度も復活させつつ、26年もの間、愛車を手放さずにいるワケとは?
ホームへ戻る