「アルファ147」と「156」シリーズに赤い限定車

2004.07.01 自動車ニュース

「アルファ147」と「156」シリーズに赤い限定車

フィアットオートジャパンは、アルファロメオのコンパクトハッチ「アルファ147」と、ヒット作「アルファ156」「同156スポーツワゴン」に、赤で内外装をコーディネートした特別仕様車「リネアロッサ」を設定。2004年7月10日から、台数限定で販売する。

「リネアロッサ」(赤いライン)は、ブラックボディに赤いサイドラインをあしらい、インテリアには赤いレザーシートを採用した、“赤い”特別仕様車。「アルファ147」の2リッターモデルと、「アルファ156/156スポーツワゴン」の2リッター、2.5リッターモデルに設定される。
加えて特別装備として、専用17インチアロイホイール+215/45R17(ピレリP-ZERO NERO)やヘッドライトウォッシャーを装着。インテリアでは、専用シフトノブ&シフトブーツ、ヒーテッドシートなどを装備する。

いずれも台数限定で、147リネアロッサシリーズが合計400台、156シリーズは計300台を販売。価格は、147が「147リネアロッサ2.0ツインスパーク」の311万8500円から、156は「156リネアロッサ2.0 JTSセレスピード」の407万4000円からとなる。

(webCGオオサワ)

アルファロメオ:
http://www.alfaromeo-jp.com/

 
「アルファ147」と「156」シリーズに赤い限定車の画像

【写真上】「アルファ156リネアロッサ」(左)と「アルファ156スポーツワゴン リネアロッサ」
【写真下】「アルファ147リネアロッサ」
※写真はモノクロ
 

	【写真上】「アルファ156リネアロッサ」(左)と「アルファ156スポーツワゴン リネアロッサ」
	【写真下】「アルファ147リネアロッサ」
	※写真はモノクロ
	 

関連キーワード:
アルファ147, アルファ156, アルファ156スポーツワゴン, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ アルファ147 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
ホームへ戻る