クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第33回:ディーゼルLOVE(前編)

2017.03.14 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルはすばらしい!

清水草一(以下 清):今回は、当連載にてこれまで延々と書き連ねてきた「ディーゼル愛」を総括すべく、同じディーゼル乗用車ユーザーである塩見 智君と対談しようというわけです!

塩見(以下 塩):ご指名いただいて光栄です(笑)。

清:塩見君は「ボルボV40 D4」だよね。いつ買ったの。

塩:去年の暮れです。

清:なぜまたV40に。

塩:今度の自家用車は全車速ACC付きのディーゼルにしようと決めてたんですよ。自動運転の萌芽(ほうが)を感じつつ、まだ買ったことのないディーゼルに乗ってみたくて。やっぱりディーゼルは速くて燃費がよくて、ロングドライブの多い我々にとってすばらしい選択じゃないですか。

清:すばらしいよね!

塩:ガソリンV8みたいなトルクを楽しんで、一日中走って軽油代4000円くらいでしょ? 多少の音や振動は我慢できますよ。

清:我慢できるね!

塩:で、条件を満たすクルマを探したら、ボルボV40になったんです。

清:いくらだった?

塩:車両本体価格399万円なんですけど、登録済み未使用車なので実質大幅値引きです。ボディーカラーは白か黒しかなかったので、色は妥協して、なんとか白内装を探しました。

清:うーん、やっぱり我々自動車ライターも、自家用車を買う時はシビアだね!

塩:そりゃシビアですよ~。

当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏と、今回のゲスト、塩見 智氏。それぞれの愛車と一緒に。
当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏と、今回のゲスト、塩見 智氏。それぞれの愛車と一緒に。拡大
塩見氏が「ボルボV40  D4」を選んだ理由について興味津々の清水氏。現在は「ランチア・デルタ1.6ディーゼルターボ」ほか「フェラーリ458イタリア」「DS 3」を所有。

 

塩見氏が「ボルボV40  D4」を選んだ理由について興味津々の清水氏。現在は「ランチア・デルタ1.6ディーゼルターボ」ほか「フェラーリ458イタリア」「DS 3」を所有。
	 
	拡大
モータージャーナリストの塩見 智氏。『NAVI』『Bagnole』編集長を経て、現在は当サイトのほか、『NAVI CARS』『GQ』等で活躍中。昨2016年末に「ボルボV40 D4」を愛車として迎えたばかり。

 

モータージャーナリストの塩見 智氏。『NAVI』『Bagnole』編集長を経て、現在は当サイトのほか、『NAVI CARS』『GQ』等で活躍中。昨2016年末に「ボルボV40 D4」を愛車として迎えたばかり。
	 
	拡大

カーマニアゆえの悩み

清:で、実際使ってみてどう。

塩:性能的には完全に満足してるんですけど、逆にそこに物足りなさを感じてます。

清:というと?

塩:実は、自家用車を理詰めで選んだのは初めてなんですよ。理詰めで選ぶとパッションがいまひとつ湧かないんですよねー。

清:なるほど~~~~!

塩:初めて家族にも褒めてもらえたし、欲しかった装備はほぼ全部付いてるんだけど、あまりにも賢い消費者になってしまって、マニア的にはそこが物足りない。

清:ステキな意見だね! やっぱりカーマニアは飛び抜けた美点や、かわいらしい欠点に萌(も)える。バランスが良すぎる女には燃えない(笑)!

塩:不満がないのが不満というのは、完全に自分のわがままですけど。

清:マニアはそういうもんだよね。道具じゃなくて愛玩品だから。いまお互いの愛車を交換して走ったみた感じだと、V40はホントによくできてるね!

塩:ですね。

清:白内装が効いてずいぶんな高級車に感じるし、安全装備も現状最高レベル。2リッターディーゼルだけにトルクの厚みもハンパじゃない。

塩:そこは清水さんのデルタの1.6より一段上でしょ? 400Nmですから。

清:俺のは300Nm。貧富の差を感じたよ!

塩見氏の愛車「ボルボV40 D4」。(写真=塩見 智)
塩見氏の愛車「ボルボV40 D4」。(写真=塩見 智)拡大
塩見氏の「V40 D4」。白内装がより一層高級感を演出している。汚さないよう乗り込む際に少々緊張を強いられた。
 
塩見氏の「V40 D4」。白内装がより一層高級感を演出している。汚さないよう乗り込む際に少々緊張を強いられた。
	 拡大
塩見氏の「V40 D4」。実質大幅値引きだったというが、その割引率にビックリ! 登録済み未使用車、恐るべし。(写真=塩見 智)
 
塩見氏の「V40 D4」。実質大幅値引きだったというが、その割引率にビックリ! 登録済み未使用車、恐るべし。(写真=塩見 智)
	 拡大

カーマニアはセミATに乗るべし

塩:でも清水さんのデルタも、思ったよりしっかりしてますね。

清:あそう?

塩:なにしろランチアの中古車じゃないですか~。もっとガタピシしてるかと思ったら、ちゃんとしててビックリしました。アイドリングでの振動はボルボより小さいかも。

清:意外と静かだしね。遮音は割としっかりしてるんだよ、一応ランチアはイタリアの高級車だから!

塩:ただ、ディーゼルにはセミATよりトルコンATが合ってますね。

清:というか、セミATの方が相性がいいエンジンなんてほとんどないんじゃね?

塩:ぐわーってディーゼルのトルクで加速して、いいぞと思ったところで変速で加速が中断する。ぐっと出てすぐ終わる感じがちょっと(笑)。

清:俺、セミAT車買ったの初めてなんだけど、いろんな意味で濃いね!

塩:実は僕、過去3台連続してセミATだったんです。「トゥインゴ イージー」、「アルファ147セレスピード」、「C4ピカソEGS」って。

清:そりゃスゲエ!

塩:だからセミATに対してはすっごく温かい目を持ってるんですけど、でもやっぱりディーゼルにはトルコンの方が合ってますね。

清:だからセミATの方が合うエンジンなんてまずないって!

塩:でも、カーマニアがトルコン車乗ったらおしまい、みたいなとこ、ないですか?

清:若干あるかもね。快適すぎるし変速が空気みたいになっちゃうから。

(つづく)

(語り=清水草一&塩見 智/まとめ=清水草一/写真=webCG、池之平昌信、塩見 智/編集=大沢 遼)

第34回:ディーゼルLOVE(後編)

清水氏の愛車「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)
清水氏の愛車「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)拡大
塩見氏が以前所有していたモデルと同世代の「ルノー・トゥインゴ」。
塩見氏が以前所有していたモデルと同世代の「ルノー・トゥインゴ」。拡大

塩見氏が以前所有していた「アルファ・ロメオ・アルファ147セレスピード」。(写真=塩見 智)


	塩見氏が以前所有していた「アルファ・ロメオ・アルファ147セレスピード」。(写真=塩見 智)
	拡大
「ボルボV40 D4」に乗り換える前まで所有していた「シトロエンC4ピカソEGS」。ファミリーキャンプでも大いに活躍してくれた。(写真=塩見 智)

 

「ボルボV40 D4」に乗り換える前まで所有していた「シトロエンC4ピカソEGS」。ファミリーキャンプでも大いに活躍してくれた。(写真=塩見 智)
	 
	拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

シトロエン C4ピカソ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。