第158回:アルファ・ロメオ考2020

2020.01.14 カーマニア人間国宝への道

アルファはカッコが命

今回は現在のアルファ・ロメオについて、いちカーマニアとして、中古車も含め深く考察してみたい。なにせイタ車好きですから。

現在、このブランドの新車ラインナップは、中高年カーマニアにとってなかなか微妙なものになっている。

「4C」や「4Cスパイダー」は、貧者のスーパーカーとしてすばらしい存在だが、あまりにも操縦性がコワイ。私が推測するに、あのヤバさは空力に原因がある。

100km/hを超えたくらいで、早くもリアのリフトを感じるのです。そういう空力がヤバいクルマに関しては、「フェラーリ360モデナ」で5年間カイゼンに試行錯誤したのでセンサーがビンカンなのだ。

それはそれで危険な魅力だが、怖すぎて57歳にはキツイ。若い人にオススメしたい。つっても4Cの新車買うカネがあれば中古の360モデナが買えるので、そっちをプッシュしたくなってしまう。

「ジュリア」は大変に官能的なセダンだ。特に「クアドリフォリオ」は完全に4ドアのフェラーリである。2.9リッターV6ターボはすさまじいばかりにエロティックに回る。ステアリングはビンカンすぎてこぶし1個ぶん切るだけで横っ飛びする。本当にスバラシイのだが、なにせお値段が張る。1153万円ですから。

2リッターターボや2.2リッターディーゼルターボモデルも、乗り味ははっきりラテンでドイツ車とは違った魅力があるが、フォルムがあまりにも「BMW 3シリーズ」。お値段も3シリーズとほぼ同じ。中古価格もほぼ拮抗(きっこう)。そうなると、人間弱いもので、メジャーな3シリーズに流れてしまう。やっぱアルファはカッコが命だから、横から見たらBMWと見分けが難しいってのは痛い。

「ジュリア クアドリフォリオ」に試乗し、中古車も含め、アルファ・ロメオのラインナップについて考えた! (写真=池之平昌信)
「ジュリア クアドリフォリオ」に試乗し、中古車も含め、アルファ・ロメオのラインナップについて考えた! (写真=池之平昌信)拡大
4C
4C拡大
「ジュリア」(左)と筆者の愛車「BMW 320d」(右)。(写真=池之平昌信)
「ジュリア」(左)と筆者の愛車「BMW 320d」(右)。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

アルファ・ロメオ 4C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • スズキ・ジクサーSF250(MR/6MT)【レビュー】 2020.7.10 試乗記 伊達(だて)な見た目より中身で勝負。スズキが満を持して投入した250ccクラスの最新モデル「ジクサーSF250」は、久々の復活を遂げた油冷エンジンの強みを存分に生かした、走りにおいて妥協のない実直なマシンに仕上がっていた。
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
ホームへ戻る