ホンダ「MDX」にベーシックグレード加わる

2004.02.09 自動車ニュース

ホンダ「MDX」にベーシックグレード加わる

本田技研工業は、3列シート7人乗りの大型SUV「MDX」に、ベーシックモデルを追加設定。同時にエンジンパワーの向上などを含めたマイナーチェンジを実施し、2004年2月6日に発売した。

■エントリーモデル追加

カナダはオンタリオ州アリストンの「Honda of Canada Manufacturing」で生産される「MDX」。今回追加されたグレードは、本革シートなど上級装備を奢った既存「MDXエクスクルーシブ」に対し、装備を省いた廉価版「MDX」である。

北米では、ホンダの高級販売チャネル「アキュラ」の名を冠し順調な売れ行きをみせる一方、日本国内では2003年末までの販売台数900台弱と、初年度の目標1700台を下回っている。エントリーグレード追加でテコ入れを図り、月100台の販売を目指す。

機関、ボディサイズなどは両車同じ。エクスクルーシブには、本革インテリア、1列目シートヒーター機能、「Hondaインテグレーテッドモニターシステム」、AV入力端子などが与えられる。価格は、MDXが460.0万円、エクスクルーシブは従来モデルから15.0万円値上げされ500.0万円。

■5psアップ、顔つきは精悍に

MDX全体では、ちょっと地味目のエクステリアを改め、フロントグリルや前後バンパーを新意匠化。シャープで力強い外観とした。

加えて、ツインサイレンサーを採用することで、エンジン性能の数値が微増。3.5リッターV6「VTEC」エンジンは、パワーで5ps増の265ps、トルクで0.3kgmアップの35.5kgmとなった。なお、5段AT、電子制御可変トルク配分4WD「VTM-4」はそのまま。

安全面では、1列目から3列目までのシートを効果的にカバーして、側面衝突時に乗員の頭部を保護する「サイドカーテンエアバッグシステム」を新たに標準装備。これでエアバッグは、従来の運転席と助手席用「i−SRSエアバッグシステム」、「1列目シート用i-サイドエアバッグシステム」と合わせて3種となった。
またボディカラーに、エクスクルーシブ専用色として「レッドロック・パール」を設定したのも新しい。

(webCG カワデ)

本田技研工業「MDX」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/mdx/

 
ホンダ「MDX」にベーシックグレード加わるの画像

エアバッグシステムの作動イメージ
 

	エアバッグシステムの作動イメージ
	 

関連キーワード:
MDX, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(前編)【試乗記】 2019.7.29 試乗記 同時代に日本で生まれて一時代を築き、徐々に軸足をアメリカに移したのちに日本からフェードアウト……。「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」のたどってきた道のりが見事に一致しているのは何かの偶然だろうか。そして昨今、これまた近いタイミングで国内市場に復活。2台を比較試乗した。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース/EX・マスターピース【試乗記】 2018.11.10 試乗記 年間販売台数は実に70万台と、いまやすっかりホンダの世界戦略を担うモデルとなった「CR-V」。5代目となる新型の出来栄えを確かめるべく、ハイブリッド車とガソリン車に試乗。ホンダの言う“究極に普通なクルマ”の実力を試した。
ホームへ戻る