【東京モーターショー2003プレビュー】アウディ

2003.10.16 自動車ニュース

【東京モーターショー2003プレビュー】アウディ

アウディ・ブースでは、フランクフルトショーから移動してきた2台のコンセプトカーが注目される。

ひとつは、3連覇を果たしたルマン24時間レースの名を冠する「ルマン・クワトロ」。FSI直噴5リッターV10気筒DOHCのツインターボ610PSエンジンをミドシップに搭載した、2シーターのスーパースポーツカー。駆動方式はもちろんクワトロ(フルタイム4WD)で、基本トルク配分は前後40:60。0-100km/h加速は3.7秒という。基本骨格はアルミのスペースフレームを採用し、車両重量を1530kgに抑える。顔は、アウディを象徴する大きなグリルを開け、その左右にもルーバー付の大きなインテークを配し、上端部には薄目のLEDヘッドライトを組み込む。数年後の生産化を目指しているともいう。

次のジャパンプレミアは「パイクスピーク・クワトロ」。大型高級SUVが全盛のアメリカ、北米ショーでデビューしていたもの。「オールロードクワトロ」より上の、さらに大きく高性能でラクシュリーなクラスに打って出る。V8・4.2リッターFSIのツインターボ500PSエンジンを積むクワトロ。足まわりは車高調整機構付アダプティブ・エアサスペンション。室内は2+2+2の6人乗り。これもいずれ市販されるであろう。

このほかには日本市場導入が決まったフラッグシップ「A8・4.2クワトロ」をはじめ、「A3・3.2クワトロ」「TTクーペ3.2クワトロ」「オールロードクワトロ4.2」「RS6」「S4アバント」などを出展する。

 
【東京モーターショー2003プレビュー】アウディの画像

【写真上】「ルマン・クワトロ」
【写真下】「パイクスピーク・クワトロ」
 

	【写真上】「ルマン・クワトロ」
	【写真下】「パイクスピーク・クワトロ」
	 

「A8・4.2クワトロ」
 

	「A8・4.2クワトロ」
	 

関連キーワード:
A8, A3, RS 6, S4アバント, アウディ, 東京モーターショー2003, イベント, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 最新のアクティブサスペンション搭載のアウディA8を試す 2020.1.14 先進の技術がかなえる世界<PR> アウディのフラッグシップセダン「A8」は、ただの高級車ではない。どんなドライバーも、ひとたびステアリングを握ったならば、このブランドが長きにわたって磨いてきた自動車技術の到達点に感じ入ることだろう。
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
  • BMWアルピナB8グランクーペ 2021.9.29 画像・写真 アルピナが手がけたLセグメントの4ドアクーペ「B8グランクーペ」の販売がスタート。同時に日本で実車が初公開された。巡航最高速度324km/hのラグジュアリーカーの詳しい姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • アウディS8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.11 試乗記 アウディの「技術による先進」というスローガンを体現するスーパーセダン「S8」に試乗。最高出力571PSのマイルドハイブリッドと「クワトロ」と呼ばれるAWD、そしてサーチした路面情報を基に自動制御する最先端のアクティブサスが織りなす、その走りとは?
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.16 試乗記 最新のAIアクティブサスを搭載したアウディの旗艦「A8」に試乗。20以上ものセンサーを用いて路面を先読みし、ラグジュアリーカーの滑らかな乗り心地からスポーツカーのような引き締まったハンドリングまで幅広い走行特性を実現するという足まわりの仕上がりは?
ホームへ戻る