BMW、3シリーズをマイナーチェンジ、DSCが標準装備に

2003.04.23 自動車ニュース

BMW、3シリーズをマイナーチェンジ、DSCが標準装備に

BMWジャパンは、「3シリーズ」の全モデルに、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)を標準装備したことと、「クーペ」「カブリオレ」とハッチバック「ti」の各モデルのフェイスリフトを行うことを、2003年4月22日に発表した。また同時に、「3」「5」「7」シリーズ及びオープン「Z4」の装備の変更と、価格改定も行った。

■3シリーズ、クーペ/カブリオレのフェイスリフト

セダン/ツーリング(ワゴン)との差別化を図るため、クーペとカブリオレのエクステリアデザインが変更された。フロントセクションでは、ボンネット、キドニーグリル、バンパー下のエアインテーク、フロントスカートの形状を変更。またヘッドライト輪郭線が、直線の多いスポーティなデザインとなった。
リアにおいては、トランクリッドのグリップ幅の拡大、テールランプを発光ダイオード式に変更、リアスカート形状の変更など。駐車時などの後方確認超音波センサーであるPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)用センサーも、バンパー上部に移動し、ボディ同色カラーとなった。
なお、M3クーペはリアセクションのみの変更に留まる。

さらに、ALC(アダプティブ・ライト・コントロール)を、クーペのキセノンランプ装備車(M3除く)とカブリオレにオプション設定。コーナーなどで、進行方向と光軸方向がずれる場合に、曲がっている方向を照らすように調整するこの機構だが、現在準備中のため、導入時期が遅れる可能性もあるという。

■316ti、318tiのフェイスリフト

リアデザイン変更が主な内容。テールゲイトグリップ幅が拡大され、リアコンビネーションランプのカバーが赤色レンズとなった。加えてサイドスカートがフレアーデザインとなった。

また316ti、318ti両モデルで標準装着されていたスポーツサスペンションが、ノーマルサスペンションに変わった。316tiにおいては、標準装着のオートマチック・エア・コンディショナーがマニュアルになり、オートマチック・エア・リサーキュレーション・コントロールが廃止となった。

■Hi-Lineパッケージをオプション設定
320i、325i(セダン、ツーリング)、330i、330xiに新しく「Hi-Lineパッケージ」がオプション設定。装備内容は以下の通り。
・全席カメレオンレザー・シート
・フロントシートヒーター
・インパネ、ドアシルにクローム部品を装着
・内装トリムにウッドパネル装着
・セレクターレバーブーツ、サイドブレーキブーツとフロントアームレストにレザー素材採用
・専用ホイール(7J×16インチ、8J×17インチの2種類)
・限定ボディカラー

これらの装備を単体で装着した場合と、パッケージ装着の場合で、約14.0万円の差が出るというからお買い得なパッケージだ。

●Hi-Lineパッケージ価格
320i、325i(セダン、ツーリング):ベース+29.0万円
330i、330xi:ベース+27.0万円

■330iセダンのトランスミッションを6段に
330iセダンのマニュアルトランスミッションが5段から6段に、シーケンシャル・マニュアル・ギアボックス(SMG)も5段から6段に変更された。

■3シリーズ全車で装備変更
アンチスピンデバイスであるDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)が、3シリーズ全車で、従来のオプション設定から標準装備に変更された。

またETC車載器システムがオプション設定として登場。ルームミラー内蔵タイプのETCユニットは、4.5万円となる(消費税・セットアップ費用を含まず)。

外装色においては、「トパーズブルー」「スチールグレー」の2色が廃止され、「ミスティックブルー」「シルバーグレー」「キアレットレッド(Hi-Line限定色)」が新たに加わった。

内装では、316tiを除く全車に標準装備される、オートマチック・エア・コンディショナーの操作パネルスイッチが大型化さた。

■5、7シリーズ、Z4の仕様変更
5、7シリーズにおいても、3シリーズ同様ETC車載器システムを設定した。5シリーズではオプションとなるが、7シリーズは値段据置のまま標準装着となる。

しかしZ4では逆に、生産上の都合でETC車載器を搭載することができなくなり、標準装備となっていた3.0i、オプション設定の2.5iともに、当分装備することができなくなった。これにともなって、3.0iは価格が引き下げられた。


今回変更の対象となったモデル(カッコ内は旧価格との差)

●3シリーズクーペ/カブリオレ
318Ci(5MT/左ハンドル):405.0万円(+9.0)
318Ci(5AT/右ハンドル):417.0万円(+9.0)
330Ci(5AT/右・左ハンドル):569.0万円(+9.0)
330Ciカブリオレ(5AT/右・左ハンドル):655.0万円(+10.0)

●3シリーズセダン
318i(5MT/右ハンドル):371.0万円(+3.0)
318i(5AT/右ハンドル):383.0万円(+3.0)
320i(5AT/右・左ハンドル):482.0万円(+4.0)
325i(5AT/右・左ハンドル):544.0万円(+4.0)
330i M-Sportパッケージ(6MT/左ハンドル):565.0万円(+5.0)
330i M-Sportパッケージ(SMG/左ハンドル):585.0万円

●3シリーズti
316ti(5AT/右ハンドル):299.8万円
318ti(5AT/右ハンドル):325.0万円(+2.0)
318ti M-Sport(5MT/左ハンドル):347.0万円(+2.0)

●3シリーズツーリング
318iツーリング(5AT/右ハンドル):412.0万円(+3.0)
325iツーリング(5AT/右ハンドル):499.0万円(+2.0)

●Z4
Z4 2.5i(5AT/右ハンドル):450.0万円
Z4 3.0i(5AT/右ハンドル):550.0万円(-5.0)

(webCG 本諏訪)

「BMWジャパン」:
http://www.bmw.co.jp/

 
BMW、3シリーズをマイナーチェンジ、DSCが標準装備にの画像

3シリーズクーペ
 

	3シリーズクーペ
	 

3シリーズti
 

	3シリーズti
	 

Z4
 

	Z4
	 

関連キーワード:
3シリーズ セダン, 3シリーズ ツーリング, Z4, 3シリーズ カブリオレ, 3シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
ホームへ戻る