プジョー「607」にオーダーメイドシステム

2003.04.21 自動車ニュース

プジョー「607」にオーダーメイドシステム

プジョージャポンは、プジョーのトップレンジ「607」に、ボディーカラーと内装色をユーザーの好みで選択できるシステム「607オートクチュール」を、2003年4月17日から導入した。組み合わせは全部で42種類。受注生産方式で、オーダーしてからの納期は約5ヶ月だという。

「607オートクチュール」は、新色3種類を含む全10色のボディーカラーと、レザー内装4種類、ファブリック内装1種類のインテリアカラーを組み合わせるオーダーメイドシステム。標準設定の8種類を含め、全42パターンの組み合わせができる。

嬉しいことに、オートクチュールを利用しても価格は今までと変わらない。17インチタイヤなどでスポーティを演出した「607スポーツ」が478.0万円。レザー内装のラクシャリーモデル「607コンフォート」は498.0万円。なお、コンフォートは右ハンドルに加えて、左ハンドル仕様を追加。全グレードで、左右ハンドルから選べるようになった。
さらに、従来ファブリック内装のみだった「607スポーツ」に、レザー内装仕様が追加されたこともニュース。価格は、502.0万円となる。

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:http://www.peugeot.co.jp/

 
プジョー「607」にオーダーメイドシステムの画像


 
プジョー「607」にオーダーメイドシステムの画像

関連キーワード:
607, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る