プジョー「607」予約受付開始

2001.11.02 自動車ニュース

プジョー「607」予約受付開始

プジョージャポンは、フラッグシップ「607」の予約受付を、2001年10月22日から開始した。デリバリーは2002年3月から。

プジョー607は、「605」の後継として、1999年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした。今回日本に導入されるのは、レザーインテリアやカーナビを標準装備した高級指向モデル「607 Comfort」(右ハンドルのみ)と、インテリアをファブリックとし、17インチタイヤなどでスポーティーな演出を施した「607 Sport」(右/左ハンドル)の2種類。ともに3リッターV6(206ps/6000rpm、29.0kgm/3750rpm)を搭載し、ティプトロニックのついた4段ATを介し前輪を駆動する。価格は「607 Comfort」が498.0万円、「607 Sport」は478.0万円。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4875×1830×1460mm。605と較べ150mm長く、30mm幅広く、35mm高くなった。ホイールベースはかわらず、2800mmとなる。
4段ATは、走行状態に合わせて「オート」「スノー」「スポーツ」の3つのモードを用意。さらに、先代まで11通りだった走行パターンプログラムを、32通りまで増やし、よりきめ細かく制御できるようになったという。

詳しくは、プジョーコール(電話0120-840-240)まで。

(webCG 大澤)

 
プジョー「607」予約受付開始の画像

関連キーワード:
607, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
ホームへ戻る