フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ボーラ」にカーテンエアバッグを標準化

2003.03.27 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ボーラ」にカーテンエアバッグを標準化

フォルクスワーゲングループジャパンは、同社の主力車種である「ゴルフ」シリーズと、ゴルフベースの3BOXモデル「ボーラ」の全グレードに、カーテンエアバッグを標準装備として設定することを、2003年3月24日に発表した。

従来のVW車は、「パサート」などゴルフクラスの上位モデルにしか、カーテンエアバッグが標準装備されていなかった。今回ゴルフとボーラに標準化されたことで、ゴルフクラス以上(ニュービートルを除く)の全モデルに、カーテンエアバッグが標準装備されることになる。

標準装備されるカーテンエアバッグとは、左右ドアの上(室内天井裏側)に格納されるヘッドエアバッグのこと。前後席ともに装備され、側面衝撃の際にエアバッグが展開し、乗員の頭部を守るものである。

従来から標準装備となっている、前席エアバッグ、サイドエアバッグ(フロント)と合わせ、パッシブセーフティ装備がさらに充実されることになったが、今回の変更にともなう価格改定は無く、据え置きのままとなっているのはうれしい限りだ。

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ボーラ」にカーテンエアバッグを標準化の画像

関連キーワード:
ゴルフ, ボーラ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • フォルクスワーゲンが7モデル33グレードの価格を改定 2019.12.20 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年12月20日、2020年1月1日に販売車両の価格改定を行うと発表した。価格変更対象となるのは、7モデル33グレード(特別仕様車を含む)に及び、価格改定幅は平均約1%になるという。
ホームへ戻る