メルセデスベンツとオペルブース【ジュネーブショー03】

2003.03.06 自動車ニュース

【ジュネーブショー2003】メルセデスベンツとオペルブース

2003年3月4日、スイスはジュネーブで開かれるモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。webCGエグゼクティブディレクター大川悠による、ショー会場からの速報。

メルセデスベンツの新型は、CLKのカブリオレ。個人的に、クーペがちょっとエレガンスに欠けると思っていたが、カブリオレの方は伝統のイメージを彷彿させる。このモデルに限っては、5リッターV8も載る。またEクラスには、最高出力260psという、4リッターV8ディーゼルが搭載されることになった。

オペルではシグナムが新しい。これはベクトラのストレッチ版たる5ドアハッチバックで、同じイプシロン・プラットフォームを使ったFWDだが、ホイールベースは130ミリ伸ばされた。それに対して全長は40ミリ長いだけだが、リアシートの居住性改善が最大の目的で、各リアシートは最大13センチ前後に移動できるし、バックレストも調整可能だ。

エンジンは、2.2リッターガソリンのほかに、新しい3リッターV6のディーゼルも載るシグナム。「キャディラックCTS」と同じ、GMグループの「シグマ・プラットフォーム」を使う、RWDの新型オメガとベクトラの間に位置する。
さらに、「GTC」なる4座クーペのコンセプトカーも出ていた。

(webCG大川悠)

メルセデスベンツとオペルブース【ジュネーブショー03】の画像

TOP写真写真は、メルセデスベンツ「CLK500」。下は、オペル「シグナム」

TOP写真写真は、メルセデスベンツ「CLK500」。下は、オペル「シグナム」

シグナムのカットモデル

シグナムのカットモデル

オペル「GTC」

オペル「GTC」

関連キーワード:
メルセデス・ベンツ, オペル, ジュネーブモーターショー2003, イベント, 自動車ニュース