日産「スカイライン」などに福祉車両

2003.01.24 自動車ニュース

日産「スカイライン」などに福祉車両

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、「スカイライン」(セダン/クーペ)「フェアレディZ」「ステージア」「モコ」に、福祉車両「ライフケアビークル」を設定、2003年1月16日に発売した。

今回設定されたのは、「ライフケアビークル」のうち、下肢が不自由なひとが運転する際の運転補助装置の付いた「ドライビングヘルパーシリーズ」と呼ばれるもの。
軽自動車「モコ」(スズキ「MRワゴン」のOEMモデル)には、従来型の手動運転装置「オーテックドライブギア」を付与。一方の「スカイライン」のセダンとクーペ、ワゴン「ステージア」と2ドアクーペ「フェアレディZ」には、新開発「オーテックドライブギアタイプe」を与えた。この補助装置は、手元のコントロールグリップで行うアクセル操作の制御方式に、「日本メーカーで初めて電子制御方式を採用」(プレスリリース)したもので、装置のコンパクト化と、操作の滑らかさが謳われる。

詳しい価格とベースグレードは以下の通り。

スカイラインセダン(250GT):305.0万円
スカイラインクーペ(350GT):350.0万円
フェアレディZ(バージョンT):366.0万円
ステージア(250RX):295.0万円
モコ(C 2WD):132.8万円
モコ(C 4WD):144.0万円
(消費税は非課税)

なお同装置は、AT、CVT仕様車であれば、他グレードにも架装可能という。

(webCG 永瀧)

日産自動車「福祉車両ライフケアビークルシリーズ」:
http://www.nissan.co.jp/LV/

 
日産「スカイライン」などに福祉車両の画像

関連キーワード:
スカイライン, スカイラインクーペ, フェアレディZ, ステージア, モコ, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.22 試乗記 市販車として初めて、同一車線内“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載された「日産スカイライン」。長距離ドライブに連れ出し、実際の交通環境の中で手放し運転機能の使い勝手や走りの実力を確かめてみた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る