オペル「アストラ・カブリオ」2003年モデル導入

2002.11.22 自動車ニュース

オペル「アストラ・カブリオ」2003年モデル導入

日本ゼネラルモーターズは、オペルの4シーター2ドアオープン「アストラ・カブリオ」の2003年モデルを、2002年12月7日から販売する。右ハンドル、4段AT仕様のみの設定で、価格は344.0万円。

アストラ・カブリオは「アストラクーペ」をベースに、クーペ同様、独アダムオペルAGと、イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」社が共同開発したクルマ。日本市場では、ハッチバックとワゴンのスポーティグレード「Sport」と同じ、147ps、20.7kgmを発生する2.2リッター直4「エコテック」エンジンと4段ATを組み合わせた右ハンドル車が導入される。2003年モデルは、平成12年度基準排出ガス25%低減レベルの「良ー低排出ガス車」に認定された。

2002年モデルからの変更点は、カタログモデルに内装色にベージュ、ソフトトップ色にレッドを1色追加、計3色になった。さらに、2002年12月25日までの期間限定で、「カラーオーダーキャンペーン」を実施することがニュースである。
これは、オペル「スピードスター」と同様のBTO(受注生産)方式で、本来ドイツ本国でのみ選択可能な66通りの内外装色の組み合わせが日本で選べるというものだ。BTO方式のみ、ソフトトップをグリーンにすることができる。

価格は、2002年モデルより5.0万円高い、344.0万円に設定された。

(webCG 永瀧)

オペル「アストラ・カブリオ」:
http://www.opel.co.jp/models/cabrio/index.html

 
オペル「アストラ・カブリオ」2003年モデル導入の画像


 
オペル「アストラ・カブリオ」2003年モデル導入の画像

関連キーワード:
アストラカブリオ, オペル, 自動車ニュース

オペル アストラカブリオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・スピードスター(5MT)【試乗記】 2002.11.9 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)
    ……449.0万円

    オペルの2シーターオープン「スピードスター」の日本正式導入が、2002年10月15日に発表された。発売は2003年1月11日から。国内でのデリバリーに先立ち、ブリッツマーク随一のスポーツモデルを、webCG記者が「ツインリンクもてぎ」でテストした!


  • オペル・スピードスター(5MT)【海外試乗記】 2000.8.30 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)

    1999年のジュネーブショーで披露され、話題を呼んだオペル版ロータス・エリーゼことスピードスター。市販開始に先立ち、モータージャーナリスト河村康彦が、フランスはストラスブルクでテストドライブ!


  • アウディTT RSクーペ 2020.12.28 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> スーパーカー顔負けのパフォーマンスを誇る「アウディTT RSクーペ」が、極めて優れたスプリンターなのは間違いない。そして、そのステアリングを握ったドライバーは、アウディが長年培ってきた情熱と個性にも心を動かされることだろう。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
  • 「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場【東京オートサロン2020】 2020.1.10 自動車ニュース 「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場。往年のロータスのF1マシンをモチーフにしたブラックのカラーリングが特徴で、通常はオプション扱いとなる各種装備も標準で採用されている。
ホームへ戻る