【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

2002.02.20 自動車ニュース

【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

2001年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーでデビューした4シーター・2ドアオープンモデル「アストラ・カブリオ」。2002年3月9日から、いよいよわが国で発売される。

「アストラ・カブリオ」は、既にランナップされる4ドアセダン、5ドアハッチバック、5ドアワゴン、2ドアクーペに次ぐ、アストラシリーズのオープンモデルだ。
アストラ・クーペをベースに、やはりクーペ同様、独アダムオペルAGと、イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」社が共同開発。日本市場では、ハッチバックとワゴンのスポーティグレード「Sport」と同じ、147ps、20.7kgmを発生する2.2リッター直4「エコテック」エンジンと4段ATを搭載した、右ハンドル車が販売される。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4270×1710×1400mm、ホイールベースは2615mm。クーペと較べ、高さが5mmだけ低くなる。
全自動で開閉するソフトトップは、キーに備わるスイッチでリモート操作が可能。リアには熱線入りガラスが装着される。開閉にかかる時間は、約30秒だ。
広いトランクルームはウリのひとつ。オープンボディながら、容量330リッターを確保。後席中央をトランクスルーにすることで、長尺物も収納できるという。

安全装備は、デュアルエアバッグ、サイドエアバッグなどはもちろん、追突時のむち打ち症のリスクを軽減する「アクティブヘッドレスト」(前席)、前面衝突時にドライバーの足や下肢を守る「フットプロテクションシステム」などを備える。

価格は、339.0万円。

(写真=郡大二郎/文=webCG 有吉)

動画でおおくりします。(撮影=カネヨシ)

日本ゼネラルモーターズ オペルブランドチーム プロダクトマネージャーの佐伯稔さんに「アストラカブリオ」の特徴についてうかがい、、リモコン操作によるソフトトップの開閉を実演してもらいました。

【前編】

【後編】

 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像

関連キーワード:
アストラカブリオ, オペル, 自動車ニュース

オペル アストラカブリオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・スピードスター(5MT)【試乗記】 2002.11.9 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)
    ……449.0万円

    オペルの2シーターオープン「スピードスター」の日本正式導入が、2002年10月15日に発表された。発売は2003年1月11日から。国内でのデリバリーに先立ち、ブリッツマーク随一のスポーツモデルを、webCG記者が「ツインリンクもてぎ」でテストした!


  • オペル・スピードスター(5MT)【海外試乗記】 2000.8.30 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)

    1999年のジュネーブショーで披露され、話題を呼んだオペル版ロータス・エリーゼことスピードスター。市販開始に先立ち、モータージャーナリスト河村康彦が、フランスはストラスブルクでテストドライブ!


  • ロータスが「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産終了を発表 2021.1.25 自動車ニュース 英ロータスが、現行ラインナップである「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産を終了すると発表した。現在は「タイプ131」と呼ばれる新型スポーツカーの開発を進めており、2021年中にヘセルにてプロトタイプの生産をスタートするとしている。
  • アウディは今年も注目モデルが盛りだくさん【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.21 自動車ニュース 電気自動車(EV)「e-tronスポーツバック」の発売に、ハイパフォーマンスモデル「RS」シリーズのモデルチェンジと、ここのところ話題が盛りだくさんのアウディ。その勢いは2021年も止まらない! これから登場する注目モデルの情報を、アウディ ジャパンに聞いた。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
ホームへ戻る