【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

2002.02.20 自動車ニュース webCG 編集部

【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売

2001年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーでデビューした4シーター・2ドアオープンモデル「アストラ・カブリオ」。2002年3月9日から、いよいよわが国で発売される。

「アストラ・カブリオ」は、既にランナップされる4ドアセダン、5ドアハッチバック、5ドアワゴン、2ドアクーペに次ぐ、アストラシリーズのオープンモデルだ。
アストラ・クーペをベースに、やはりクーペ同様、独アダムオペルAGと、イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」社が共同開発。日本市場では、ハッチバックとワゴンのスポーティグレード「Sport」と同じ、147ps、20.7kgmを発生する2.2リッター直4「エコテック」エンジンと4段ATを搭載した、右ハンドル車が販売される。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4270×1710×1400mm、ホイールベースは2615mm。クーペと較べ、高さが5mmだけ低くなる。
全自動で開閉するソフトトップは、キーに備わるスイッチでリモート操作が可能。リアには熱線入りガラスが装着される。開閉にかかる時間は、約30秒だ。
広いトランクルームはウリのひとつ。オープンボディながら、容量330リッターを確保。後席中央をトランクスルーにすることで、長尺物も収納できるという。

安全装備は、デュアルエアバッグ、サイドエアバッグなどはもちろん、追突時のむち打ち症のリスクを軽減する「アクティブヘッドレスト」(前席)、前面衝突時にドライバーの足や下肢を守る「フットプロテクションシステム」などを備える。

価格は、339.0万円。

(写真=郡大二郎/文=webCG 有吉)

動画でおおくりします。(撮影=カネヨシ)

日本ゼネラルモーターズ オペルブランドチーム プロダクトマネージャーの佐伯稔さんに「アストラカブリオ」の特徴についてうかがい、、リモコン操作によるソフトトップの開閉を実演してもらいました。

【前編】

【後編】

 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像


 
【Movie】オペルの新型オープン「アストラ・カブリオ」発売の画像

関連キーワード:
アストラカブリオ, オペル, 自動車ニュース