花をイメージした「ルノー・カングー」登場

2013.02.22 自動車ニュース

花をイメージした特別色の「ルノー・カングー」登場

ルノー・ジャポンは2013年2月22日、「毎日に花を」をテーマにした専用ボディーカラーを採用した限定車「カングー クルール」を、3色合計180台限定で発売した。

「カングー クルール」はフランス語で「色」を意味する「クルール」という名前の通り、ボディーカラーが特徴の限定車で、2010年から毎年販売されている。第4弾となる今回はフランス人の生活になじみが深い「花」をイメージした3色が用意される。
「毎日に花を」をテーマに選ばれたボディーカラーは、「気になる人の心を“誘惑”する紫の花色。Tentation VIOLET(タンタシオン ヴィオレ)」「元気になってほしい人を“勇気”づける黄の花色。Courage JAUNE(クラージュ ジョン)」「がんばっている人の心を“癒やす”青の花色。Calme BLEU(カルム ブルー)」の3色。合計180台の限定販売となる。

「カングー」が生産されるフランス北部のモーブージュ工場で、通常の塗装ラインから離れ、職人の手作業によってペイントされたというボディーカラーは、3色とも鮮やかで個性的だ。
またボディーカラーを際だたせるために、前後のバンパー、ドアミラー、リアランプガーニッシュにはブラックが採用される。

3色それぞれに5段MTと4段ATのモデルが設定される。価格はMT仕様が219万8000円。AT仕様が229万8000円。

(文と写真=工藤考浩)

「ルノー・カングー クルール」
「ルノー・カングー クルール」 拡大
「タンタシオン ヴィオレ」
「タンタシオン ヴィオレ」 拡大
「クラージュ ジョン」
「クラージュ ジョン」 拡大
「カルム ブルー」
「カルム ブルー」 拡大

花をイメージした「ルノー・カングー」登場の画像 拡大
大極 司ルノー・ジャポン社長が身に付けているストールは、「タンタシオン ヴィオレ」を表現した物で、ルノーウェブショップにて20枚限定で販売される。価格は1万5750円。
大極 司ルノー・ジャポン社長が身に付けているストールは、「タンタシオン ヴィオレ」を表現した物で、ルノーウェブショップにて20枚限定で販売される。価格は1万5750円。 拡大

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • ミツオカ・バディ 2020.10.29 画像・写真 光岡自動車は2020年10月29日、新型車「Buddy(バディ)」のデザインを初公開した。バディはミツオカにとって初のSUVであり、「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」というコンセプトのもとに開発されたという。正式発表を前に公開された同車の姿を、写真で紹介する。
  • 南仏サントロペの景色をイメージした限定車「ルノー・カングー ペイザージュ」発売 2020.11.19 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年11月19日、トールワゴン「カングー」に台数200台の限定車「ペイザージュ」を設定し、同日、販売を開始した。「ブルー ドラジェ」と呼ばれる専用のボディーカラーが特徴となっている。
  • 祝フルモデルチェンジ! でもスバルの異端児「BRZ」に継続のメリットはあるのか? 2020.11.16 デイリーコラム 2代目となる新型のデビューが決まっている「スバルBRZ」。ファンにはうれしい話だが、同ブランドにとって、異端ともいえるFRスポーツカーを継続開発するメリットはあるのだろうか? その背景についてリポートする。
  • ホンダが2代目となる新型「N-ONE」を発表 デザインは踏襲しつつ中身を全面刷新 2020.11.19 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-ONE」をフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、初代で好評だった外観デザインは受け継ぎつつ、内装やボディー骨格、パワーユニットなどを刷新。タイムレスなイメージに、充実した装備、快適で楽しい走りを併せ持つモデルとなっているという。
ホームへ戻る