「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場

2013.02.20 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にマニュアルトランスミッション車が登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年2月20日、オープン2シーターの「SLKクラス」に、6段MT仕様の「SLK200ブルーエフィシェンシー MT」と、エントリーグレード「SLK200ブルーエフィシェンシー トレンド」を追加。販売を開始した。

今回追加されたSLK200ブルーエフィシェンシー MTは、SLKクラスの1.8リッター直4ターボモデルに、ダイムラーが自主開発した最新式の6段MTを搭載したものだ。メルセデス・ベンツの日本導入モデルにMT仕様が設定されるのは、1992年に絶版となった「190Eアンファング」以来、実に21年ぶりのこととなる。

シフトレバーには、素早い変速操作が可能なショートストロークタイプを採用。坂道発進などで車両が後退するのを防ぐヒルスタートアシストや、アイドリングストップ機構などを標準装備している。

また同時に追加されたSLK200ブルーエフィシェンシー トレンドは、充実した装備と手ごろな価格設定で人気を博した特別仕様車「SLK200ブルーエフィシェンシー 1stアニバーサリーエディション」を、標準ラインナップとしたものである。専用装備としてトランクリッドスポイラーや17インチ10スポークアルミホイールを採用しながら、500万円を切る価格を実現している。

価格はSLK200ブルーエフィシェンシー MTが493万円で、SLK200ブルーエフィシェンシー トレンドが498万円。

(webCG)

「メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT」
「メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー MT」 拡大

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像 拡大

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像 拡大

「メルセデス・ベンツSLKクラス」にMTモデル登場の画像 拡大

関連キーワード:
SLKクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SLKクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • リファインされた「メルセデス・ベンツEクラス クーペ/カブリオレ」が上陸 2020.10.5 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ/カブリオレ」が上陸。2020年10月5日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年10月から順次行われる。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
ホームへ戻る