ロールスが新型クーペを再びチラ見せ【ジュネーブショー2013】

2013.02.14 自動車ニュース

【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイスが新型クーペ「レイス」を再びチラ見せ

徐々に浮かび上がる新型ラグジュアリークーペ「レイス」の姿。英ロールス・ロイス・モーター・カーズはジュネーブモーターショー(会期:2013年3月5日〜3月17日)で「レイス」を公開するにあたり、第2、第3のティーザー画像を公開した。(関連記事はこちら)

ロールス・ロイスはすでに「レイス(wraith)」のサイドビューがうっすらと浮かび上がったティーザー画像を公開している。それに続き、今回は後ろ姿とフロントグリル周りが紹介された。

リアビューはその大部分が暗く、輪郭がうっすらとわかる程度でしかない。しかし、サルーンモデルに比べるとキャビンが小さく、クーペらしい引き締まったフォルムであることが想像できる。

一方、フロントグリルは動画で公開された。こちらもサルーン系と比較すると小ぶりで、直上にトレードマークの「スピリット・オブ・エクスタシー」像が据えられているのが確認できる。

「レイス」は「ファントム」「ゴースト」に続くロールス・ロイス第3のモデル。「これまでで最も大胆なデザインと、最もドラマチックな性能を備えた、史上最もパワフルなロールス・ロイス」などとうたわれている。

(webCG)

「ロールス・ロイス レイス」
「ロールス・ロイス レイス」 拡大
フロントグリル周りは動画で公開された。直上に「スピリット・オブ・エクスタシー」像が確認できる。
フロントグリル周りは動画で公開された。直上に「スピリット・オブ・エクスタシー」像が確認できる。 拡大
カメラが左側のヘッドランプに差し掛かったところで“おあずけ”に。
カメラが左側のヘッドランプに差し掛かったところで“おあずけ”に。 拡大

関連キーワード:
レイス, ロールス・ロイス, ロールスロイス, 自動車ニュース

ロールス・ロイス レイス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。
  • ロールス・ロイス・ゴースト(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.14 試乗記 2009年に誕生し、ロールス・ロイス史上最高のセールスを記録してきた「ゴースト」。「先代から継承したのはマスコットと傘くらい」という新型は、確かに、既存のロールス・ロイス車とは一線を画す走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る