MT搭載のベーシックな「ルーテシア」限定発売

2012.09.20 自動車ニュース

MT搭載のベーシックな「ルノー・ルーテシア」が限定発売

ルノー・ジャポンは、コンパクトカー「ルノー・ルーテシア」にマニュアルトランスミッションを採用したベーシックモデル「エクスプレッションMT」を、2012年9月20日に発売した。販売台数40台の限定モデルとなる。

「ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT」は、マニュアルトランスミッションを搭載したルーテシアのベーシックモデル。15インチシルバーアロイホイールと185/60R15サイズのタイヤ、黒のオールファブリックシートを装備する。リアウィンドウは手動で開閉するタイプで、ハンドル位置は右のみ。

ボディーカラーは、ブラン グラシエ、グリ カシオペメタリック、ブルー マリーン フュメの3色から選べる。

価格は、204万8000円

(webCG)

「ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT」
「ルノー・ルーテシア エクスプレッションMT」 拡大

MT搭載のベーシックな「ルーテシア」限定発売の画像 拡大

MT搭載のベーシックな「ルーテシア」限定発売の画像 拡大

MT搭載のベーシックな「ルーテシア」限定発売の画像 拡大

MT搭載のベーシックな「ルーテシア」限定発売の画像 拡大

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る