アルファード/ヴェルファイアの「G's」版発売

2012.09.18 自動車ニュース

「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」に「G's」バージョン登場

トヨタ自動車は2012年9月18日、ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に「G SPORTS(通称:G's)」バージョンを設定し、11月12日に発売すると発表した。

「G SPORTS(通称:G's)」は、「走りの味」「クルマの楽しさ」を提供するためにトヨタが特別に開発した“スポーツコンバージョン車”シリーズ。過去には「ノア/ヴォクシー」「ヴィッツ」「プリウス」そして「マークX」を素材に製作されている。

今回登場した「アルファード/ヴェルファイア」の「G's」も、過去のモデルと同じ方向性のチューニングが施されている。
すなわち、エクステリアは専用デザインの前後バンパーやグリル、レッドライン入りの大径アルミホイール(19インチ)などでドレスアップ。インテリアには、アルカンターラを用いたスポーティーなシートや専用デザインのメーター、ペダルなどがおごられる。

さらに、専用チューニングのサスペンションも与えられるほか、床下の剛性を上げるパーツや溶接スポット点数の追加によりボディー剛性も強化。「ミニバンの既成概念を打ち破る“走りの楽しさ”を提供する」という。

主な特別装備は以下のとおり。(いずれもG's専用品)

・19インチアルミホイール(レッドライン入り)
・前後バンパー&ラジエーターグリル
・LEDイルミネーションビーム
・4本出しマフラー
・エンブレム
・スポーツシート(全席アルカンターラ表皮)
・本革巻きステアリングホイール&シフトノブ(レッドステッチ入り、ディンプル加工)
・ブラックメタリックのインストゥルメントパネル

価格は以下のとおり。乗車定員はいずれも7人となる。

・「アルファード240S“G's”」:404万円
・「アルファード350S“G's”」:442万円
・「ヴェルファイア2.4Z“G's”」:404万円
・「ヴェルファイア3.5Z“G's”」:442万円

(webCG 関)

「アルファード240S“G's”」
「アルファード240S“G's”」 拡大
「アルファード240S“G's”」
「アルファード240S“G's”」 拡大
「ヴェルファイア2.4Z“G's”」
「ヴェルファイア2.4Z“G's”」 拡大

関連キーワード:
アルファード, ヴェルファイア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アルファード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード 2015.1.26 画像・写真 「トヨタ・アルファード」がフルモデルチェンジ。新型の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
ホームへ戻る