新型「レンジローバー」が日本上陸

2013.01.09 自動車ニュース

新型「レンジローバー」が日本上陸

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年1月9日、新型「レンジローバー」を発表した。同年3月2日に販売を開始する。

約10年ぶりのフルモデルチェンジを受け、4代目となった新型「レンジローバー」。その概要は2012年8月に発表されていたが、今回、日本での発売時期と価格が発表された。
新型「レンジローバー」は、SUVでは世界初となるオールアルミニウム製モノコックボディーを採用。旧モデルのスチールボディーシェルより39%軽く、ボディーシェルだけで180kg軽量化されている。車重では、5リッターV8 NAエンジン搭載のモデルで190kg軽い2350kgとなる。

エクステリアは、これまでの「レンジローバー」の伝統を踏襲しつつも、よりモダンなスタイリングとなった。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5005×1985×1865mmと、旧モデルよりも全長で35mm、全幅で30mm拡大し、全高は15mm低くなった。ホイールベースは2920mmと旧モデルより40mm延長されている。

搭載されるエンジンは、自然吸気の5リッターV8(375ps/6500rpm、52.0kgm/3500rpm)と、スーパーチャージャー付きの5リッターV8(510ps/6500rpm、63.8kgm/2500rpm)の2種類。トランスミッションは新開発の8段ATが組み合わされる。

また、路面状況に合わせてエンジンやギア、ブレーキなど各種制御を最適化する「テレイン・レスポンス」も第2世代に進化し、走行条件を分析して最適なプログラムを自動的に選択する「オート」機能が備わった。

インテリアはホイールベースの延長などにより後席のレッグルームが118mm以上拡大するなど、後席乗員の快適性を高めた、2座タイプの「エグゼクティブクラス」シートパッケージもオプションで用意される。

価格は「5.0 V8ヴォーグ」が1230万円、「5.0 V8スーパーチャージド ヴォーグ」が1490万円、「オートバイオグラフィー」が1670万円。

なお、同モデルはこれまで日本国内では「レンジローバー ヴォーグ」の車名で販売されていたが、新型では本国と同様に「レンジローバー」に改められた。

(工藤考浩)

「ランドローバー・レンジローバー 5.0 V8ヴォーグ」
「ランドローバー・レンジローバー 5.0 V8ヴォーグ」 拡大
「ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー」
「ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー」 拡大

新型「レンジローバー」が日本上陸の画像 拡大
5リッターV8スーパーチャージドエンジン
5リッターV8スーパーチャージドエンジン 拡大

新型「レンジローバー」が日本上陸の画像 拡大

新型「レンジローバー」が日本上陸の画像 拡大

新型「レンジローバー」が日本上陸の画像 拡大

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(後編) 2020.11.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝は、新型「ランドローバー・ディフェンダー」には普通のクルマとは違うさまざまな魅力があるという。プロも認めた、その特筆すべき長所とは?
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
ホームへ戻る