「メルセデスEクラス」がビッグマイナーチェンジ

2012.12.13 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツEクラス」がビッグマイナーチェンジ

独ダイムラーは2012年12月13日、大幅な改良を予定している新型「メルセデス・ベンツEクラス」の概要を発表した。

今回の改良のポイントは、デザインの変更、新開発のエンジンの投入、新たな安全装備の導入の3つが挙げられる。

外観デザインでは、LEDを多用したヘッドランプを中心に、フロントマスクを大幅に刷新。Eクラスとして初めて、モデルラインに応じて2種類のフロントマスクを使い分けることとなった。

またエンジンでは、より精緻な直噴技術を採用した「ブルーダイレクト」と呼ばれる新開発の4気筒ガソリンユニットが投入された。

安全装備についても、「インテリジェントドライブ」と呼ばれる先進のシステムを採用。センシングにはレーダーとステレオカメラの双方を使用しており、クルマや人との衝突事故を予防する衝突予防支援システムや、車線からの逸脱を防ぐレーンキーピングアシスト、眩惑(げんわく)を未然に防ぐハイビームヘッドライトなど、最低でも11種類の機能が用意される。

なおこれらの安全装備は、間もなくデビューする新型「Sクラス」にも装備される予定だ。

(webCG)

→新型「Eクラス」のさらに詳しい写真はこちら

「メルセデス・ベンツE300 ブルーテックハイブリッド」
「メルセデス・ベンツE300 ブルーテックハイブリッド」 拡大
「メルセデス・ベンツE350 4マチック」
「メルセデス・ベンツE350 4マチック」 拡大

「メルセデスEクラス」がビッグマイナーチェンジの画像 拡大

関連キーワード:
Eクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 乗用車では日本初となる、ディーゼルエンジンベースのプラグインハイブリッドモデル「メルセデス・ベンツE350de」に試乗。燃費性能に優れるディーゼルと、ゼロエミッションを掲げるEVのいいとこ取りとうたわれるパワーユニットの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る