日産、「ステージア」をマイナーチェンジ

1998.09.02 自動車ニュース

日産、「ステージア」をマイナーチェンジ(9/2)

日産自動車は「ステージア」をマイナーチェンジし、8月31日より発売した。NEOストレート6の搭載や外観変更など各部が新しくなった。

「ステージア」のマイナーチェンジにおける最大の眼目のひとつはフェイスリフトにある。変形ヘッドランプをはじめ、フロントグリル、バンパー、さらにマルチリフレクターを採用したリアコンビネーションランプなど意匠が新しくなっている。

エンジンラインナップも変更を受けた。ターボエンジンに「NEOストレート6」とよぶ直列6気筒DOHC+ターボ(RB25DET)を新採用。280psの最高出力とフラットトルクを獲得している。

オートマチックトランスミッションも新しくなっており、ロックアップ領域を拡大した「ワイドレンジロックアップ」を採用した「E-ATx」を「Xシリーズ」および「Gシリーズ」に採用したものだ。「RSシリーズ」にはシフトアップおよびシフトダウンのためのマニュアルゲートをもつ「デュアルマチックM-ATx」を搭載した。

安全性の面では衝撃吸収構造を備えた「ゾーンボディ」採用やブレーキアシストの全車標準装備などがあげられる。

車種体系も見直され、2.5リッターターボ4WD車に5MT仕様が、RWD・AT車にNEOストレート6エンジン搭載車がそれぞれ新設定された。

日産、「ステージア」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
ステージア, 日産, 自動車ニュース

日産 ステージア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ウイングロード(20) 2005.11.16 画像・写真 日産自動車は、コンパクトなステーションワゴン「ウイングロード」をフルモデルチェンジし、2005年11月14日に発売した。
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる? 2019.10.9 デイリーコラム 新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
ホームへ戻る