アルファ、フェイスリフトした「GTV」を発売

1998.09.28 自動車ニュース

アルファ、フェイスリフトした「GTV」を発売(9/28)

フィアットオートジャパンは外観をはじめさまざまな変更を受けた「ニューアルファGTV」を10月17日より発売する。価格は465.0万円だ。

「ニューアルファGTV」は今年のトリノショーで発表されたアルファGTVのマイナーチェンジ版だ。日本には右ハンドル仕様で入ってくるのが最大の特徴のひとつだ。

「ニューアルファGTV」におけるそのほかの変更は、クロームで縁取りされたエンブレムなどをもつフロントまわりをはじめ、カラースキームが新しくなったダッシュボード、156と同様チャイルドセーフティシート搭載時にエアバッグの作動をキャンセルできるスイッチの採用、MOMO社製レザーによる室内トリム、さらに機械的リンケージに代わる電子スロットルの採用、変速比が一部変更された6段マニュアルギアボックスなど多岐にわたっている。

「ニューアルファGTV」のエンジンは従来と同じ3リッターV型6気筒DOHCで、220ps/6300rpmの最高出力と、27.5kgm/5000rpmの最大トルクは変らない。しかし電子スロットルの採用でエンジンのレスポンスおよび低回転域でのフレキシビリティが向上したと謳われている。

「ニューアルファGTV」の外板色と内装色のコンビネーションは以下のとおりとなる。「アルファレッド」と「プロテウスレッドメタリック」のボディカラーには「ベージュ」のインテリア、「ブラック」と「エクリプスグレーメタリック」には「レッド」、「セイルブルーメタリック」には「ブルー」。

アルファ、フェイスリフトした「GTV」を発売の画像

関連キーワード:
アルファGTV, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ アルファGTV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【レビュー】 2015.6.26 試乗記 カーボンモノコックのシャシーに最高出力240psの直噴ターボエンジンをミドシップ搭載した「アルファ・ロメオ4C」に試乗。軽量・高剛性のボディーがもたらす走りの実力に触れた。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【海外試乗記】 2013.10.9 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。
ホームへ戻る