第60回:輸入中古車LOVE(前編)

2017.09.26 カーマニア人間国宝への道

輸入中古車が好きだ!

いまのところ大勝利! を満喫しているエリート特急こと激安中古「BMW 320d」の購入顛末(てんまつ)記ですが、その締めとして、これから2回にわたり、輸入中古車評論家・伊達軍曹との対談をお送りします。

伊達軍曹は、MJ参謀長(私)率いるお笑い自動車記事編集軍団・MJ戦略参謀本部のナンバー2。6年前に独立し、中古車情報メディアを主戦場に、中古車のライフスタイル的考察にまで踏み込んだ寄稿を続けている。ルックスが不肖ワタクシと似ているため、兄弟に間違えられることも少なくない。

清水草一(以下 清):軍曹。輸入中古車評論家はどう?

伊達軍曹(以下 伊):ええ……。独立当初は、これを足掛かりに超絶高名な新車評論家になってCOTYメンバーに成り上がり、海外試乗会に呼ばれまくって、湾岸の高層マンションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回す生活を目指していたのですが……。

清:ブワーッハッハハハハハハハ!

伊:最近はどうでもよくなりました! このまま好物である輸入中古車について好き勝手なこと書いていられるのが一番ですね。

清:COTYメンバーになっても、そんな生活できないしね~。

伊:で、できませんか!? まあとにかく、最近は新車にぜんぜん興味を持てないのですよ。性能は過剰だし、なぜかみんな顔がコワくて(笑)カワイくないし、わたしに言わせりゃまったく粋じゃない。なによりも、新車は値段が高すぎます!

清:カーマニアの予算は限られてるもんね。 

当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏と愛車の“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏と愛車の“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
伊達軍曹(だてぐんそう)

1967年東京都生まれ。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めたのち、清水草一氏と共に編集プロダクション「有限会社フォッケウルフ」を創業。『IMPORTカーセンサー』の編集デスクを3年間務めた後、輸入中古車評論家に。これまで乗り継いできたクルマは15台。
伊達軍曹(だてぐんそう)
	
	1967年東京都生まれ。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めたのち、清水草一氏と共に編集プロダクション「有限会社フォッケウルフ」を創業。『IMPORTカーセンサー』の編集デスクを3年間務めた後、輸入中古車評論家に。これまで乗り継いできたクルマは15台。拡大
COTY(日本カー・オブ・ザ・イヤー)選考委員になったら、本当にこんな生活が待っているのか!? 
COTY(日本カー・オブ・ザ・イヤー)選考委員になったら、本当にこんな生活が待っているのか!? 拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る