マツダ、新型「アテンザ」の生産を開始

2012.08.02 自動車ニュース

マツダ、新型「アテンザ」の生産を開始

マツダは2012年8月2日、新型「マツダ6(日本名:アテンザ)」の生産開始記念セレモニーを、防府第2工場(山口県防府市)で行った。

セレモニーには山内孝代表取締役会長・社長兼CEOをはじめ、役員、組合代表、社員ら約500名が出席した。生産第1号車は、「SKYACTIV-G 2.0」ガソリンエンジンを搭載するワゴンモデル(欧州仕様車)だった。

まずは8月29日に始まるモスクワモーターショーで、「マツダ6」(ロシア仕様車)のセダンモデルが世界初公開される。2012年中に欧州と国内市場、2013年初頭から米国およびその他の市場への導入が予定されており、防府工場での生産台数は年間約12万台が計画されている。

(webCG 竹下)

新型「マツダ6」の生産第1号車はワゴンモデル(欧州仕様)だった。
新型「マツダ6」の生産第1号車はワゴンモデル(欧州仕様)だった。 拡大

関連キーワード:
アテンザセダン, アテンザワゴン, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アテンザセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「マツダ・アテンザセダン」に試乗。“マイチェン”とはいえ、その内容はエンジンやシャシーにも手が入った大規模なもの。現行型の最終バージョン(?)の仕上がりを確かめるとともに、来るべき次期型にも思いをはせた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2015.2.25 試乗記 2014年の大幅改良により、「マツダ・アテンザ」にMT仕様のディーゼル4WD車が登場。日本で買えるクルマの中でも群を抜いてマニアックな一台の魅力に触れた。
ホームへ戻る