トヨタ、FJクルーザーの色と装備を変更

2012.07.24 自動車ニュース

トヨタ、「FJクルーザー」の色と装備を変更

トヨタ自動車は2012年7月24日、SUV「FJクルーザー」の仕様を変更し、発売した。

今回、「トヨタFJクルーザー」のボディーカラーに、新色のオレンジとグレイッシュブルーが追加された。ラインナップは全6色。

また、リアのデフロックやビルシュタイン製ショックアブソーバーが標準となる“オフロードパッケージ”車には、エンジンとブレーキの自動制御によりステアリング操作のみでの極低速走行を可能とする「クロールコントロール」が与えられた。

価格は、315万円から337万円まで。

(webCG 関)

「トヨタFJクルーザー“カラーパッケージ”」。写真のボディーカラーはグレイッシュブルー。
「トヨタFJクルーザー“カラーパッケージ”」。写真のボディーカラーはグレイッシュブルー。 拡大
こちらはオレンジのもの。
こちらはオレンジのもの。 拡大

関連キーワード:
FJクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ FJクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4アドベンチャー“オフロードパッケージ”(4WD/CVT)【レビュー】 2020.12.13 試乗記 モデルチェンジを機にタフなイメージが強化された、トヨタのSUV「RAV4」。そのアグレッシブさと悪路走破性をさらに高めた特別仕様車とは……? 特設コースでステアリングを握った。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
ホームへ戻る