「トヨタFJクルーザー」に黄×白のカラーが復活

2014.07.30 自動車ニュース
「トヨタFJクルーザー“カラーパッケージ”」。写真は、ツートンカラー「ツートーンイエロー」のもの。
「トヨタFJクルーザー“カラーパッケージ”」。写真は、ツートンカラー「ツートーンイエロー」のもの。
    拡大

「トヨタFJクルーザー」一部仕様を変更し発売

トヨタ自動車は、SUV「FJクルーザー」の一部仕様を変更し、2014年7月30日に発売した。


 

「FJクルーザー“カラーパッケージ”」のインテリア。
「FJクルーザー“カラーパッケージ”」のインテリア。
    拡大
新たな意匠のアナログメーター。
新たな意匠のアナログメーター。
    拡大

「FJクルーザー“オフロードパッケージ”」


    「FJクルーザー“オフロードパッケージ”」
    拡大
こちらは、「ツートーンスモーキーブルー」の「FJクルーザー“カラーパッケージ”」。
こちらは、「ツートーンスモーキーブルー」の「FJクルーザー“カラーパッケージ”」。
    拡大

今回、イエローのボディーカラーにホワイトのルーフを組み合わせた「ツートーンイエロー」のカラーリングが、2年ぶりに復活。全6色がラインナップされる。

そのほか装備については、新たな意匠のアナログメーターが採用されるとともに、フロントフォグランプがオプション設定された。

価格は以下の通り。
・FJクルーザー:324万円
・FJクルーザー“カラーパッケージ”:334万2857円
・FJクルーザー“ブラックカラーパッケージ”:345万6000円
・FJクルーザー“オフロードパッケージ”:346万6286円

(webCG)

関連キーワード:
FJクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ FJクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
ホームへ戻る