オペル、ベルトーネ製の「アストラクーペ」を発表

1999.07.21 自動車ニュース

オペル、ベルトーネ製の「アストラクーペ」を発表(7/21)

オペルは「アストラ」に2ドアの「クーペ」を設定し、今秋からドイツで発売する。イタリアのカロッツェリア、ベルトーネ社がデザインと製造を行っている。

「アストラクーペ」(写真)の最大の特徴は、なだらかなルーフラインにある。すでに日本でも発売されているアストラセダン/ワゴンとプラットフォームを共有しているモデルだ。

エンジンは直列4気筒が3種類、すなわち1.8リッター/115馬力、2リッター/136馬力、2.2リッター/147馬力が用意されている。

オペルが新型クーペを投入した理由は、昨今のクーペ市場の活性化によるものだ。オペルにとっては1997年に生産を終了した「カリブラ」以来のクーペとなる。

アストラには高性能セダン「OPCアストラ」も追加された。OPC(オペルパフォーマンスセンター)により開発された限定モデルで、特徴は高出力化した2リッター直4エンジンにある。新設計のカムシャフトとシリンダーヘッドの採用で従来型より24馬力アップの160馬力を発するという。2500台の限定発売で、価格は4万5000マルク(約300万円)といわれている。

「アストラクーペ」「OPCアストラ」はともに9月のフランクフルトショーで正式発表となる模様だ。同時に「オメガ」のフェイスリフトも行われる見込みである。(報告=木村 宏)

 
オペル、ベルトーネ製の「アストラクーペ」を発表の画像

関連キーワード:
アストラハッチバック, オペル, 自動車ニュース