EV版「トミーカイラZZ」の量産開始

2012.07.19 自動車ニュース

EV版「トミーカイラZZ」の量産開始

電気自動車(EV)の開発販売を行うグリーンロードモータースは2012年7月19日、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の量産開始を決定したと発表した。

グリーンロードモータースは京都大学発のベンチャー企業で、環境対応自動車の開発・販売を手がける。2010年12月に「トミーカイラZZ-EV」の試作車を発表、予約注文を受け付けていた。
同社は自社で生産設備を持たないいわゆる「ファブレス企業」。これまで量産化に向けて出資を募っていたが、元ソニー会長の出井伸之氏、元グリコ栄養食品会長の江崎正道氏らの資本参加により、資本金は1億5000万円に増資された。

「トミーカイラZZ」はトミーカイラが1995年に発表し、1997年に販売を開始したハンドメイドのスポーツカー。アルミ製モノコックにFRPボディーをかぶせ、2リッターエンジンを搭載、英国で生産された。
今回量産が開始されるEVバージョンの「トミーカイラZZ」は、当時のトミーカイラのエンジニアにより新たにデザインし直され、京都府舞鶴市で生産される。

(文=工藤考浩)

2010年12月に公開された「トミーカイラZZ-EV」の試作車
2010年12月に公開された「トミーカイラZZ-EV」の試作車 拡大

関連キーワード:
トミーカイラZZ, GLM, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • プジョーの高性能ハイブリッドモデル「508プジョースポールエンジニアード」がデビュー 2020.9.25 自動車ニュース グループPSAは2020年9月24日(現地時間)、「508プジョースポールエンジニアード」を発表した。プジョーの歴史上最もパワフルというハイブリッドカーで、システム最高出力360PS、最大トルク520N・mを発生する。
ホームへ戻る