メルセデスのハイパフォーマンスワゴン登場

2012.07.10 自動車ニュース

ハイパフォーマンスワゴン「メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク」登場

独ダイムラーは2012年7月9日、新型ワゴン「メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク」の概要を発表した。

メルセデス・ベンツの「CLS63 AMG シューティングブレーク」は、ワゴン「CLSシューティングブレーク」をベースに、そのパフォーマンスを高めたモデルだ。

ボンネットの下に収まるのは、他のAMGモデルでも採用されている5.5リッターのV8ツインターボエンジン(525hp/5250-5750rpm、71.4kgm/1750-5250rpm)。素早い変速が自慢の7段AT「AMGスピードシフトMCT」との組み合わせにより、4.4秒での0-100km/h加速を可能とする。
アイドリングストップ機能も与えられており、燃費はNEDC(新欧州走行サイクル)モードで9.9km/リッター。

そのほか、カーボンセラミックのブレーキシステム(オプション)や、自動的にダンピング特性を変化させロールを抑える「AMGライドコントロール・スポーツ・サスペンション」など、ハイパフォーマンスモデルならではの装備も用意される。

一方、インテリアは、メルセデスの高級モデルらしく上質なナッパレザーやピアノブラックのパネルなどで仕立てられ、IWCのアナログ時計が華を添える。中でも見どころとなるのは、“シューティングブレーク”の特徴であるラゲッジルーム(容量:最大1550リッター)で、そのフロアには高級家具などの材料として知られるアメリカンチェリーが用いられている。


メルセデスは、このニューモデルの発売に際して、「CLS63 AMG シューティングブレーク“エディション1”」と呼ばれる期間限定モデルもラインナップする。こちらはエンジンのパフォーマンスが557hp/5250-5750rpm、81.6kgm/2000-4500rpmまで高められているほか、マットなグレーのボディーカラー、パールホワイトのレザーインテリアが与えられるなど、さらに個性が際立つモデルとなっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク」
「メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク」 拡大
 
メルセデスのハイパフォーマンスワゴン登場の画像 拡大
 
メルセデスのハイパフォーマンスワゴン登場の画像 拡大
 
メルセデスのハイパフォーマンスワゴン登場の画像 拡大
 
メルセデスのハイパフォーマンスワゴン登場の画像 拡大
 
メルセデスのハイパフォーマンスワゴン登場の画像 拡大
 
メルセデスのハイパフォーマンスワゴン登場の画像 拡大

関連キーワード:
CLSシューティングブレーク, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
ホームへ戻る