406&ランエボが乱入(!?)映画「TAXi2」の記者会見

2000.07.06 自動車ニュース

406&ランエボが乱入(!?)映画「TAXi2」の記者会見(7/6)

プジョー406が爆走するシーンが話題の映画「TAXi」。この第2作目となる「TAXi2」の記者会見が、7月5日に開かれた。主演俳優のサミー・ナセリや「パリダカ」でおなじみのラリースト、篠塚健次郎らが「出演」し、趣向をこらした会見が行われた。


「TAXi」は、改造プジョー406に乗るスピード狂タクシー運転手ダニエル(サミー・ナセリ)が、仏マルセイユの街を舞台にカーチェイスに明け暮れるという「カーアクション」映画。第2作目では設定をパリに移し、忍者のカッコウをした日本人テロリストを相手にアクション&コメディーが繰り広げられるという、ハチャメチャなストーリーである。脚本・製作はリュック・ベッソンだ。

このような映画だから、記者会見といえどもユニークな演出がなされている。まず、暗くなった会場に、映画に出ていた忍者が出現。記者席に座る女性プレスがさらわれる。すると、舞台の左手から「ブーン、ブゥン」というエギゾーストノートが響き渡り、壁を突き破ってプジョー406「タクシー」が登場。派手なスキール音とともに406がスキッドして止まると、ダニエルことサミー・ナセリが、フランスサッカーチームのエース、ジダンのユニフォームを着て現れた。

406を運転していたのは、ナセリではなくパリ・ダカールラリー優勝者でもある三菱のエース篠塚健次郎。三菱の篠塚がなぜプジョーを、と思うかもしれないが、実は2作目では、日本人テロリストが三菱のランサーエボリューショVIで406を追い掛け回すという話になっているのだ。

三菱/篠塚とのもうひとつのつながりは、映画の冒頭、ダニエル駆る406がWRCラリーカーの206を追い抜くシーンにある。206に乗っているのは、フランス人ラリーストであるジャン・ルイ・シュレッサーと、篠塚のコドライバーをつとめたこともあるアンリ・マーニュ。篠塚はともにラリーを戦ったマーニュを見て、「あいつこんなことをしてるのか」と笑いながらコメントしていた。


フランスでは、公開1週間で350万人の観客を動員し、「タイタニック」「スターウォーズ」の記録を抜く大ヒット作となった「TAXi2」。日ごろ日本車やドイツ車の後塵を拝し肩身の狭い思いをしている(!?)フランス車オーナーが見れば、胸がスカッとすること請け合いである。公開は8月12日から。

ところで、映画ではプジョーをぶっ飛ばしているダニエルことナセリさんですが、実際にはBMWに乗り「安全運転をしている」とのコメント。ただしそれは公道だけで、「仲間とサーキットを走るときは思いっきりかっ飛ばしている」とか。かなりのクルマ好きのようです。(NAVI編集部 かわばた)

 
406&ランエボが乱入(!?)映画「TAXi2」の記者会見の画像

関連キーワード:
406セダン, ランサーエボリューション, プジョー, 三菱, 自動車ニュース

プジョー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る