「スバル・インプレッサWRX STI」が仕様変更

2012.07.05 自動車ニュース

「スバル・インプレッサWRX STI」が仕様変更

富士重工業は、ハイパフォーマンスモデル「スバル・インプレッサWRX STI」シリーズの仕様装備を見直すとともに、新グレードを設定し、2012年7月3日に発売した。

今回、「インプレッサWRX STI」はシリーズ全体にわたって、以下の仕様変更が実施された。

・1本あたり220g軽くなった、新デザインの18インチアルミホイールを採用(「WRX STI」「WRX STI A-Line」)
・ATモデルの「WRX STI A-Line」のみにオプション設定されていた「プレミアムパッケージ(プレミアムタンインテリア+BBS製18インチ鍛造アルミホイール)」をMTモデルにも用意
・トランクガーニッシュをボディー同色に変更(4ドアモデル)

また、最もスポーティーな「WRX STI spec C」は、これまでの5ドアモデルのみから、4ドアモデルにも拡大展開したうえで、以下の点が改められた。
・17インチホイール装着車にフルオートエアコンをオプション設定
・17インチホイール装着車の後部中央席にヘッドレストと3点式シートベルトを追加
・軽量化のため、リアワイパーやリアフォグランプなどを省略(17インチ仕様車では大型リアスポイラーも省略)(4ドアモデルのみ)

シリーズ全体の価格は、4ドアモデルが「WRX STI A-Line」の315万円から「WRX STI」の373万8000円まで。5ドアモデルは「WRX STI A-Line」の315万円から「WRX STI」の368万5500円まで。

新グレード「WRX STI A-Line type S パッケージ」も発売された。
これは、2011年11月に発売された特別仕様車「WRX STI A-Line type S」をベースとしたモデルで、以下の装備が特徴となっている。

・大型リアスポイラー(4ドアモデル)
・専用バケットタイプフロントシート(アルカンターラ×本革のコンビで赤ステッチ入り)
・フロアコンソールリッド&ドアアームレスト(アルカンターラ)
・BBS製18インチ鍛造アルミホイール
[以下オプション設定]
・レカロ製バケットタイプフロントシート
・ブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキ

「WRX STI A-Line type S パッケージ」の価格は、4ドアモデルが346万5000円で、5ドアモデルが341万2500円。

(webCG)

「インプレッサ「WRX STI spec C」(4ドアモデル)
「インプレッサ「WRX STI spec C」(4ドアモデル) 拡大
「インプレッサWRX STI A-Line type S パッケージ」(4ドアモデル)
「インプレッサWRX STI A-Line type S パッケージ」(4ドアモデル) 拡大

関連キーワード:
インプレッサ, スバル, 自動車ニュース

スバル インプレッサ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • マツダが「CX-30」を一部改良 走行性能と安全性を向上 2020.12.17 自動車ニュース マツダが、コンパクトクロスオーバーモデル「CX-30」に一部改良を実施。よりドライバーの意図した通りに走るよう、パワートレインの制御を見直した。同時に、2020年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーにおけるトップ3選出を祝う特別仕様車も設定している。
ホームへ戻る